【拉致問題】立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」

概要 | 【拉致問題】立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」

立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」「良かったことは今は戦争が起きないってことくらい」「非核化期限きられてない合意」「トランプが任期終えればまた元に戻る」」動画をちょっとご紹介!「隣の国が勝手にやったことに対し」「テロと拉致国家になぜ金を払」「約束は破る為にある半島文化 」「見出しに新聞社の顔が出」「まぁ、朝鮮人相手に「不可逆的」「最大の課題であり、前提」「戦争がなければ良いじゃあな」「そりゃそうだ、大前提」「言動の振れ幅が尋常では」など、様々な意見や感想がありますね!さっそくチェックしましょう!
【拉致問題】立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」の画像

YouTubeの反応 | 立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」「良かったことは今は戦争が起きないってことくらい」「非核化期限きられてない合意」「トランプが任期終えればまた元に戻る」

2018-06-13 13:32:57
まぁ、朝鮮人相手に「不可逆的な」って言葉は意味を持たない事は実証済みだからねぇw

むしろ、「またウソついたらヤルからな、わかってるよな?」って方が効果はでかいんじゃね?
2018-06-13 16:54:09
そりゃそうだ、大前提だよ。拉致被害全て明らか解決は!
2018-06-14 15:40:18
約束は破る為にある半島文化 ”不可逆的” は半島辞書にはない 何とでも書け
都合が悪くなるまれ置いとけばいい  金の方が上位かも知れない
2018-06-13 18:45:06
隣の国が勝手にやったことに対して、日本が費用を出さなきゃならないの?そうしなきゃ隣から核は無くならないってこと?なんか、アメリカにとっては良かったのかもしれないけど日本にとっては微妙な感じ
2018-06-14 10:08:21
言動の振れ幅が尋常ではない朝日新聞に報道を任せるべきではない
2018-06-14 04:28:04
テロと拉致国家になぜ金を払う必要かあるのだ?
2018-06-14 09:37:15
見出しに新聞社の顔が出るんやねぇ
2018-06-13 19:46:25
戦争がなければ良いじゃあないの。
2018-06-13 18:07:34
最大の課題であり、前提条件としてのCVIDが明記されていない米朝首脳会談などは何の意味もない。非核化が目的であり体制保障は其の後に提起された課題であろう。裸の王様が譲歩しただけの唯の政治ショウであり、こじつけの釈明記者会見であった。金正恩の記者会見もない、話せば嘘になる。正恩は米国の軍事介入がないことは見極めた。今後は日本は拉致問題だけに執着するだけでは全体の解決とはならないことを肝に銘じるべきである。

「拉致問題」とは?

拉致問題対策本部(らちもんだいたいさくほんぶ)は、日本の内閣に設置された機関。 北朝鮮による日本人拉致問題への政府の取組みを強化するため鳩山由紀夫内閣によって新たに設置された機関である。 2009年10月13日の閣議決定により設置された。本部は内閣に、事務局は内閣官房に属する。政府が省庁横断で・・・

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(きたちょうせんじんけんしんがいもんだいけいはつしゅうかん)とは、北朝鮮による日本人拉致問題、その他北朝鮮当局による人権侵害問題について国民の関心と認識を深めることを目的とする人権週間である。 「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」(平成18年法律第96号)によって・・・

拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律(らちもんだいそのたきたちょうせんとうきょくによるじんけんしんがいもんだいへのたいしょにかんするほうりつ)とは、北朝鮮当局による拉致を始めとする人権侵害問題の解決について政府及び地方公共団体の責務を明記した日本の法律。議員立法。報道では北・・・

動画情報 | 立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」「良かったことは今は戦争が起きないってことくらい」「非核化期限きられてない合意」「トランプが任期終えればまた元に戻る」について

【拉致問題】立川志らく「拉致被害者返さない限り非核化費用負担すべきでない」の画像
コメンテーターのコメントは06:58以降
八代英輝x田中里沙x立川志らくx他 お昼のニュース解説とコメンテーターのコメント 初の米朝首脳会談 共同声明 2018.6.13

++チャンネル登録はこちら++
http://www.youtube.com/chann・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | *時事ニュース オンライン*について

コメント欄