「独裁者には振り回されない」米国高官が台湾を初訪問し中国を批判!

概要 | 「独裁者には振り回されない」米国高官が台湾を初訪問し中国を批判!

今回ご紹介する「米高官が台湾を初訪問し中国を批判「独裁者には振り回されない」」についての動画を皆さんも見てください!「世界の国々は選挙という民意がある」「大変良いニュースですね」「日本は台湾をもっともっと大切に」「日本政府は親愛なる台」「台湾加油!」「松帝さん。台湾一国では中共に」「そうです。大陸の独裁皇」「台湾は支那とは違う。」「習近平は世界に反発されるよ」「一つの中国などあり得ない。」これらTwitterやYoutubeなどから意見が集まっています!
「独裁者には振り回されない」米国高官が台湾を初訪問し中国を批判!の画像

YouTubeの反応 | 米高官が台湾を初訪問し中国を批判「独裁者には振り回されない」

2018-03-23 20:57:45
世界の国々は選挙という民意がある…素晴らしいですね選挙!
2018-03-23 21:00:11
台湾加油!
2018-03-23 20:51:09
そうです。大陸の独裁皇帝になんか負けるな台湾、頑張れ蔡英文総統。
2018-03-23 21:35:18
日本政府は親愛なる台湾の秀逸な愛国精神と屈強な政治姿勢を見習うべきです‼️私は台湾を全力で応援します!素晴らしい台湾は日本にとって兄弟の国家です。
2018-03-23 20:57:35
大変良いニュースですね!ニクソン訪中以来「米中」協調路線が崩壊しそうです、言論の自由、議会制民主主義の米国と中共独裁の言論の自由もない中国は結局相容れない、中共と台湾とは似ても似つかない中国、議会制度、言論の自由が保証され民主主義が根付いてる台湾、日本との「絆」も強く共有出来る部分も多い台湾、台湾が再び世界の外交国際社会の表舞台に復帰出来るように、日本政府は世界各国と台湾の外交関係の復活に仲介や助言や台湾の手助けをするように期待する、勿論、南北朝鮮はスルー
2018-03-23 21:04:02
一つの中国などあり得ない。台湾は日本と手を取り合い独裁国家と立ち向かうべきだ。
2018-03-23 21:16:33
習近平は世界に反発されるようなモンゴル帝国の復活をやろうとしているから益々台湾も日米同盟に近づくのではないのかと思いますね。
2018-03-23 21:29:41
松帝さん。台湾一国では中共に対抗出来ないでしょうから今こそ日米に協力するべきだと思います。日本にとってもウインウインだと思いますね。
2018-03-23 20:56:35
台湾人、曰く、低俗な大陸中国人とは、同じにしてもらいたくない。台湾人は、民度が高い。
2018-03-23 21:18:06
日本は台湾をもっともっと大切にしないと。
ただし、大陸由来の台湾外省人(レンホー系)は中共はもちろん北朝鮮にも繋がってるらしいので要注意です。
2018-03-24 00:36:48
台湾は支那とは違う。次の旅行先は台湾で決まり!
2018-03-24 21:32:11
確実に中国との対立構造になってきましたね。米国は紛争・戦争も辞さないと見えますね。国内基盤が完璧と言えない習さんを追い込み過ぎると危険。 でも日本人だったら台湾は守りたいよね。
2018-03-24 15:13:52
台湾は台湾人の物だ!
日台友好!!
2018-03-23 22:28:44
皆さん、台湾に行こう!

「中国 独裁者」とは?

な国家運営に堕すこともあり、国家としての方向性を失って行く場合も多い。 中国共産党中央政治局常務委員会には「68歳定年制」という不文律があり、権力の暴走を防いでいる。 独裁制はトップの意思の伝達がスムーズであり、有能な独裁者がビジョンに基づき独裁をおこなった場合、国家が大幅に発展することも不可能・・・

SNS世界最大手のFacebookが15億ドルを調達し、企業価値は約500億ドルと評価される。 ベラルーシで、「欧州最後の独裁者」ルカシェンコ大統領が4期目の就任式。 OHCHR、コートジボワール危機で、これまで1カ月間の死者が最低260人に上ると発表。 1月23日・・・

主義の方針は、しばしば世界的な批判の的となっている。 経済協力開発機構は、スイスに対して資産の出所を確かめる義務を履行するよう勧告している。また、独裁者の隠し金庫として利用されることもあるため、スイス人の中でも、スイスの名誉を傷つけているという批判がある。有名なところでは、フィリピンのマルコス元大・・・

動画情報 | 米高官が台湾を初訪問し中国を批判「独裁者には振り回されない」について

「独裁者には振り回されない」米国高官が台湾を初訪問し中国を批判!の画像
米高官が台湾を初訪問し中国を批判「独裁者には振り回されない」・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | 自由の声4について

コメント欄