Top Page > 特定アジアニュース > 韓国最高裁「日本は徴用工に賠償しろ!」日本「ICJに提訴しようかな」韓国メディア「自重しろ!」

Top

Down

でんしょこ速報トップページへ
様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン
Top Page > 特定アジアニュース > 韓国最高裁「日本は徴用工に賠償しろ!」日本「ICJに提訴しようかな」韓国メディア「自重しろ!」

韓国最高裁「日本は徴用工に賠償しろ!」日本「ICJに提訴しようかな」韓国メディア「自重しろ!」

カテゴリー: 特定アジアニュース
更新日時: 2018年11月03日

1: 2018/10/31(水) 19:07:41.06 ID:MKfj0LnX0 BE:478973293-2BP(1501)

韓国最高裁「日本は徴用工に賠償しろ!」→日本「ICJに提訴しようかな」→韓国メディア「自重しろ!」


日本と韓国,半日,在日,日韓基本条約

徴用工判決で「日本政府は自重を」 韓国主要紙、国際裁判に軒並み反発
 
 韓国人の元徴用工4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟で、新日鉄住金に対して1人あたり1億ウォン(約1000万円)を支払うように命じた控訴審判決を韓国の最高裁にあたる大法院が支持する判決を出した。

 それから1夜明けた2018年10月31日の韓国紙の社説では、韓国政府の「賢明な対処」や「外交力」を通じて日韓間関係の悪化を最小限に食い止めるように求める声が相次いだ。日本政府は、判決が日韓関係の「法的基盤を根本から
覆すもの」だとして強く批判し、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も視野に入れている。この点については「理解できる面もある」とする社もあるが、「自重すべき」だとして逆に反発を強める社の方が多い。

■朝鮮日報「国際的な訴訟の嵐が吹き荒れる可能性」

 朝鮮日報は、判決をきっかけに、同様の訴訟を起こしている原告が、日本企業が韓国に持っている資産の差し押さえを試みる可能性を指摘。韓国側が「適切な措置」を行わない場合は日本政府が

「日本企業の正当な経済活動の保護の観点からも、国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れ、毅然とした対応を講ずる考え」(河野太郎外相)

を表明していることを念頭に、

「実際に差し押さえ可能な資産はほぼないようだが、国際的な訴訟の嵐が吹き荒れる可能性も排除できない」

などと予測。問題解決の難しさをにじませた。

「韓国政府は司法の判断を尊重する一方で、韓日間の信頼を改めて確認する手立てを考えねばならない。両国の首脳が今後の関係について虚心坦懐(たんかい)に話をする場を設けることも一つの方法だろう」

「賢明な対処」「外交力が重要」とは言うが...

 東亜日報は

「葛藤を管理して日本と過去の和解を引き出す韓国政府の外交力が重要な時だ」

だとしながらも、日本政府の反発については

「このような対応は過去の過ちに対する反省と謝罪はなく右傾化に進む『危険な普通の国』に対する周辺国の憂慮だけを生むことを自覚しなければならない」

とけん制。左派のハンギョレ新聞は「政府の賢明な対処が必要な局面」だとしながらも、判決そのものについては

「日本植民地支配と強制動員自体を違法だとする韓国憲法の価値体系に照らして当然の判決だ」

だとして高く評価し、日本政府が国際裁判に言及したことを非難した。

「当事国である韓国の同意がなければ法廷自体が成立しない。三権分立の民主国家で司法の独立した判断が尊重されなければならないのは常識だ。日本も民主政府であれば、自重すべきだ」

 国民日報も、

「韓国の司法判断を外交紛争に追い込む行動に断固として対処しなければならない」

と、同様だ。例外が左派の京郷新聞だ。韓国が「過去の歴史のゴールを移した」と解釈される余地を与えたとして、「日本政府の反発は理解できる面がある」と説明。日本がICJに提訴した場合、韓国側に対して不利な展開になる可能性を指摘した。

「国際世論戦を繰り広げる場合、決して有利ではない。日本国内で再び『嫌韓』の雰囲気が高まる可能性も懸念される。韓国政府の対応が重要になったわけだが、これといった解決策が見えない状況である」

(終わり)






3: 2018/10/31(水) 19:08:21.61 ID:YajWqVjD0
あ、一応国際的に間違ってるって判断出来る知能はあるのね


5: 2018/10/31(水) 19:08:55.98 ID:8vGf3NHY0
韓国政府が払えば解決じゃん


8: 2018/10/31(水) 19:09:40.98 ID:5edVi7mM0
いや
もう和解とか無いから



10: 2018/10/31(水) 19:10:07.98 ID:wQci+NVh0
相当都合が悪いようだな


12: 2018/10/31(水) 19:10:42.75 ID:BVRGz0gj0
もう条約の記憶はどこかに消し飛んでるなw


17: 2018/10/31(水) 19:11:31.46 ID:u8VDHJQ/0
国際法を破っているとわかってる、確信犯だな。

余計タチが悪い。



21: 2018/10/31(水) 19:12:41.47 ID:bYqJY1Iq0
何もしないと、どんどんつけあがる
韓国が約束を守れない国であることを、世界に広めるべき



22: 2018/10/31(水) 19:13:19.37 ID:QYX+3iVG0
あの国とは全ての条約、合意が意味を成さない。
TPPに入れてもどんな取り決めも破りまくるだろう、スワップも完全無視、大使館閉鎖でいいじゃん。



26: 2018/10/31(水) 19:15:18.45 ID:BEL8eFA/0
>>22
よくTPPに入れてくれとか言って来たもんだな



281: 2018/10/31(水) 21:11:43.14 ID:/o6AoRdf0
>>26
都合よく使うだけだからな
無関税で輸出して自分の時は関税かけるようなことするだろう



476: 2018/10/31(水) 23:39:29.03 ID:kJzSKOEO0
>>26
×入れてくれ
○ 入ってやることにした



24: 2018/10/31(水) 19:14:13.57 ID:F16fRGLf0
さっさと提訴しろ


25: 2018/10/31(水) 19:15:03.59 ID:n5g5x0ex0
>>24
マジで差し押さえとかの強行手段に出たら流石にするんじゃね



133: 2018/10/31(水) 19:56:43.36 ID:7eEtj9CZ0
>>25
いつまで、流石に○○すればとか言ってるんだ
どうしてこんなになるまでしなかったと言うべき



28: 2018/10/31(水) 19:16:01.01 ID:KytxP8hT0
国をあげてのたかり行為を恥ずる
まともなメディアすらないのか



29: 2018/10/31(水) 19:16:15.37 ID:6/v09Ynh0
こいつら国家間の条約を軽い口約束程度にしか考えてないのか
条約破棄なんて宣戦布告の一歩手前だぞ



30: 2018/10/31(水) 19:16:26.83 ID:QGTLKjOz0
まあ黙ってたら今度は三菱あたりに韓国最高裁が賠償金払わされるだろ


41: 2018/10/31(水) 19:19:50.22 ID:4XtOBzPH0
国民情緒法で下した裁判は認めるのに
国際司法裁判所への提訴は自重すべきって意味わからんなw
マジでどうなってんのあの国の人間の脳味噌は・・どんだけ自分に都合が良いようにできてるんだ?



141: 2018/10/31(水) 19:58:57.87 ID:IwukiRxx0
>>41
どんなに無理筋でもごり押しでも
「通さなければ滅ぼされる」
そういう世界だったんでしょ
だから「無理とわかっている」事ほど
強硬に主張する



48: 2018/10/31(水) 19:22:27.11 ID:KioQJy7E0
竹島の時もそうだったけど南朝鮮は国際裁判ってなるとなんで逃げ出すの?


328: 2018/10/31(水) 21:40:01.94 ID:uZ/IewGo0
>>48
負けるから。



58: 2018/10/31(水) 19:26:16.46 ID:dHkGOEh50
在日はこういう祖国も誇らしいんだろうなあw


308: 2018/10/31(水) 21:27:12.00 ID:GUB00UhW0
>>58
<丶`∀´>ホルホルするニダ



62: 2018/10/31(水) 19:28:26.20 ID:UgoBQjXL0
日韓断交した方が手っ取り早いだろうに



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧



  

コメント欄 | 韓国最高裁「日本は徴用工に賠償しろ!」日本「ICJに提訴しようかな」韓国メディア「自重しろ!」

12001いつもの名無し:2018/11/03(土) 15:53:33 ID:- 
北の同じ制裁を実施すべき時が来た。
ここに来て迄、投資を継続する企業を糾弾する。
これからは自己責任だ。無能経営者を肝に銘じろ。

コメントの投稿









★宣伝等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。


人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク