Top Page > 軍事・戦争・歴史 > 【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!

Top

Down

でんしょこ速報トップページへ
様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン
Top Page > 軍事・戦争・歴史 > 【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!

【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!

カテゴリー: 軍事・戦争・歴史
更新日時: 2018年04月08日

1: 2018/04/08(日) 11:17:47.07 ID:CAP_USER9

【陸自】“日本版海兵隊” 離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動 南西諸島を防衛



陸自の南西諸島配備計画
【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!2-1

離島奪還のイメージ
【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!2-2


 「日本版海兵隊」となる陸上自衛隊の離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動した。7日に相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で隊旗授与式を開き、訓練を公開した。手本とする米海兵隊も参加した。中国の軍事的脅威が増す中、南西諸島の防衛力強化の要と期待される。ただ、即応体制の整備や輸送力不足など課題は少なくない。

 訓練は離島が占領されたとの想定で実施した。飛来したヘリコプター2機から陸自隊員と米海兵隊員が次々と地上に降下。水陸両用車「AAV7」が砲撃しながら隊員らとともに前進し敵陣地を制圧、奪還に成功した-。

 イラク日報問題の影響で式典出席を見送った小野寺五典防衛相は「水陸機動団の創設により初めて本格的な水陸両用作戦能力を有することになる。団結して困難に立ち向かうことを期待する」と訓示を寄せた。

 3月27日に新設された水陸機動団は2100人態勢で、2個の機動連隊、戦闘上陸大隊、後方支援大隊などで構成している。将来的には3千人規模に拡充し、1個連隊を沖縄に配備する構想もある。

 水陸機動団が守る南西諸島は広大で、鹿児島県の大隅諸島から沖縄県の与那国島まで。全長約1200キロで日本の本州と同じ程度とされる。しかし、自衛隊は主要戦力を南西諸島に配備しておらず「防衛の空白地帯」とされてきた。その間隙(かんげき)を突くように中国は南西諸島周辺の海空域で活動を活発化させている。

 水陸機動団は島嶼(とうしょ)侵攻を許した場合、奪還作戦の先陣を切る役割を担うが、解決すべき課題も横たわる。

 陸自は水陸機動団を運ぶ主要輸送機としてオスプレイ17機を米国から購入し、佐賀空港(佐賀市)への配備計画を進めている。佐賀空港と相浦駐屯地は60キロと近距離で、迅速な有事対応が可能だからだ。だが、今年2月に陸自ヘリが佐賀県内の民家に墜落し、計画は暗礁に乗り上げている。

 このため、防衛省は今秋に納入される最初の5機を、米軍のオスプレイ整備拠点がある木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備する方向だ。ただ、木更津と相浦駐屯地は約1千キロも離れている。佐賀に比べて少なくとも2時間以上のロスが生じ、部隊展開への影響は避けられない。

 米海兵隊は上陸作戦の際、水陸両用車や装甲車を強襲揚陸艦で海上輸送するが、自衛隊には一隻もない。代わりに、海自の「おおすみ」型輸送艦3隻を改修して対応するが、輸送力不足は否定できない。

 AAV7も水陸機動団の発足時に36両を配備する予定だったが、米国の生産体制の都合で12両にとどまった。そもそもAAV7は米軍が1970年代に配備した“年代物”で、水上速度が時速13キロと遅い。陸自内では「敵から狙い撃ちにされる」との批判が根強く、防衛省は国産化を視野に入れた水陸両用車の技術研究を進めている。

 ソフト面の課題も残る。護衛艦からの艦砲射撃や戦闘機による航空攻撃といった援護が島嶼奪還には欠かせない。陸海空3自衛隊の高度な連携を必要とするが、互いの“アレルギー”を完全に克服するには時間もかかる。水陸機動団長の青木伸一陸将補も「まだ能力は完全なものではない」と課題を認める。

 日本では攻撃的要素を含む海兵隊機能の保有について「平和憲法の枠を超える」とタブー視されてきた。ただ、現実的な脅威を前に防衛政策を停滞させる余裕はない。水陸機動団の誕生は、日本の領土を守り抜くという強い意志の表れでもある。(石鍋圭)

2018.4.8 06:00
産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/180408/plt1804080003-n1.html





8: 2018/04/08(日) 11:22:39.96 ID:zYPQYFcr0
日刊ヒュンダイが強襲揚陸艦持ってないのに海兵wwwってアホな記事書いてたな


30: 2018/04/08(日) 11:39:37.71 ID:lWnd7gJy0
>>8
ホバークラフト型の上陸艇を2隻運用できて、ヘリやAAVも運用できる
おおすみ型「輸送艦」は事実上の強襲揚陸艇だよ。
これが3隻ある。
さらには改修工事をやってF35Bの離発着も出来るようにする予定の「いずも」は
軽空母兼遠征打撃群の中央司令塔として制空権確保に寄与する予定。

水陸機動団、おおすみ、いずもなどで構成されるミニ海兵隊部隊は強力でっせ。



51: 2018/04/08(日) 12:06:47.16 ID:3S6xH8GM0
>>30
強襲揚陸艦とドック型揚陸艦では、一見似ているし機能も一部重複するけど、能力には格段の違いがある
ドック型揚陸艦がなんちゃって強襲揚陸艦を僭称することが少なくないのは確かだけどねw

おおすみ型は悪い船じゃないと思う(個人的な主張)けど、航空機発着能力はあっても航空機運用能力が皆無に近いから、どこまで行ってもドック型揚陸艦
一方、現代戦で敵前上陸や敵前空挺はあまりに損害リスクが大きすぎて現実的じゃない
そう考えると海兵隊の現代戦での役割は限定的だし、水陸機動団創設が国際的にここまで注目される理由が俺には分からない



12: 2018/04/08(日) 11:25:03.61 ID:JYSerHP20
日本政府と防衛省に本気で領土を守る気なんかありゃしないよ
竹島を見てみろ
韓国に奪われたのに何もできないじゃないか



34: 2018/04/08(日) 11:42:25.82 ID:f+yDX8MS0
>>12
韓国がアメリカの同盟でなくなれば全力で行くわボケ



13: 2018/04/08(日) 11:26:09.76 ID:iPUbl4bf0
本格的に上陸作戦やるならLSTとかだけど
どうせ日本も移民やるなら市民権得る為に外人部隊とか作ればいいのにね
現実に移民は不良中国人と韓国人しか来ないから渋々危険な任務でも派遣身分の日本人がやることに
どんどん減ってるのに



14: 2018/04/08(日) 11:28:30.72 ID:iaBGuPRx0
日本が軍拡煽ってどうすんだ?
大戦の反省がまるで無い



31: 2018/04/08(日) 11:39:53.97 ID:pnks079N0
>>14
先にチョカイ出したのは、中国。



35: 2018/04/08(日) 11:42:50.12 ID:xhydoSyC0
>>14
大戦の結果、支那大陸に凶悪な国家が発生してしまったからその反省で軍備拡大してんじゃーねか



38: 2018/04/08(日) 11:46:53.86 ID:XerV8Ucv0
>>14
ゴキブリは湧いてこなくていいから



50: 2018/04/08(日) 12:06:23.94 ID:+RiByovi0
>>14
支那が先に尖閣諸島でちょっかい出したからだろ



16: 2018/04/08(日) 11:31:17.12 ID:iPUbl4bf0
本来海兵隊みたいに敵前上陸する危険な任務部隊は外人にやらせるんだよアメリカも
移民にね
なんで日本は移民にやらせると言わんのだろうのうアベチャン



18: 2018/04/08(日) 11:32:59.02 ID:AKBnoXmi0
単なる備えだろう
普通の国ならこれくらいの
部隊を編成しててもおかしくはない

でもあまり大きくは広めたくはないだろうね



26: 2018/04/08(日) 11:36:02.42 ID:uuOOxPKr0
竹島を武力で奪い返してこいよ


27: 2018/04/08(日) 11:38:11.33 ID:Xl9t9FQM0
>>26
だよな まずは竹島で力を試そうか バックアップは潜水艦数隻でw



29: 2018/04/08(日) 11:39:03.98 ID:aSfQSbhM0
それで千島列島を取り戻せるのか


32: 2018/04/08(日) 11:40:08.05 ID:2af6PGgy0
1台7億の装甲車に人間乗せて戦うより、一発7000万のトマホーク10発撃って中共消し炭にした後占領し直した方が安全


36: 2018/04/08(日) 11:45:31.16 ID:wW0OslUS0
はよズゴックを配備せい。



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧



  

コメント欄 | 【日本版海兵隊】離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動!

コメントの投稿









★宣伝等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。


人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク