Top Page > 仕事・就職・学校・学問 > 新宿ゴールデン街、手・足・目を失った女性が集う「欠損女子」バー人気!

Top

Down

でんしょこ速報トップページへ
様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン
Top Page > 仕事・就職・学校・学問 > 新宿ゴールデン街、手・足・目を失った女性が集う「欠損女子」バー人気!

新宿ゴールデン街、手・足・目を失った女性が集う「欠損女子」バー人気!

更新日時: 2017年07月23日

1: 2017/07/21(金) 20:03:52.01 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3136550?act=all

【7月21日 AFPBB News】200店舗以上の飲み屋がひしめく東京・新宿区の繁華街「新宿ゴールデン街(Golden Gai)」で、店舗の2階に続く狭い階段を登ると、白を貴重としたこじんまりとしたバーに行き着く。客と談笑しながらバーカウンターに立つ琴音(Kotone)さん(24)は、お酒のグラスを常に左手で運んでいる。彼女には右手がない。

 2015年10月から不定期に開催しているバー「ブッシュドノエル(Kesson BAR buche de Noel)」は、身体の一部が欠損した女性たちがカウンターに立つ「欠損バー」だ。先天的に手や指がない女性、事故や病気などで後天的に手や足、目を失った女性など、現在5人の自称「欠損女子」がスタッフとして働く。

 バーは1時間の完全入れ替え制にもかかわらず、開店の18時から満席状態が続き、途中からは立ち飲み客も出るほどの人気ぶり。「欠損に興味があった。セクシーというか」と「欠損フェチ」のくまもんさん(仮名・31)。毎回来店しているという滝川なつみさん(50)は「すごく皆さんかわいいと思う。かわいい子とお話しに来ているだけ」と話す。

「どうやってその義手を動かすの?」という客の素朴な質問に、琴音さんは肩の動きで能動義手を操作しながら説明し、「前よりつかむ力が強くなったんですよ」と客の手を挟んでみせる。最初は「義手」が話題にあがるが、会話は自然に琴音さんの人柄や日常生活へと流れていく。

■障害を「隠さなくていい場所」

 琴音さんは、開催当初から欠損バーで接客を続けてきた。店のオーナーの北川玲(Akira Kitagawa)さんからドリンクの作り方も教わり、今では片手で器用にカウンター業務をこなす。「やれることは、彼女たちにもやってもらう。変に特別扱いしたり、私が気を使って全部やることはしない。そのほうが女の子たちもやりがいがあるみたい」と北川さん。琴音さんが注ぐグラスがぐらつくと、北川さんが自然に手を添えてサポートする。

 琴音さんが右手を失ったのは、高校1年生のとき。アルバイト先からの帰宅途中にダンプカーに追突され、目覚めたときには右手の前腕部を失っていた。別の病気も併発したことで入院が長引き、高校は卒業できなかったが、退院後はコールセンターなどの仕事も経験した。「片手な分、作業が人よりもできないと思われがちなのが嫌で、すごく努力した」

「欠損バー」を始めたきっかけは、今は廃刊となった雑誌「ブラック・ザ・タブー」の編集長・岡本篤(Atsushi Okamoto)さんが、琴音さんが事故後も続けていた趣味のコスプレを目にし、誌面で紹介したこと。読者から熱狂的なファンレターやメールが届いたため、バーを企画したところ、予想以上の人が集まった。「最初は成り立つのか疑問に思った」と琴音さん。スタートから1年半たった今も、客足が絶えない。「欠損はマイナスに見られがちなのに、ここはどんどんプラスになっていく場所」だと琴音さんは感じている。「隠さなくてもいい」という気持ちが彼女をより前向きにさせた。

 スタッフで、生まれつき左肘から先の手がなく、3歳から義手を装着しているぽわん(Powan)さん(20代)も、「普通に見えるよう」義手をすることに違和感を感じていたという。「普通じゃないことを否定されているように感じた。(義手だと)言いたくない人もいるけど、私は言いたい」。1年半前にニュースで欠損バーの存在を知り、自ら働きたいと声をかけた。最近では、義手をつけずに外出することも増えたという。
(c)AFPBB News/Hiromi Tanoue
(リンク先に続きあり)

2017/07/21 17:15(東京)

no title

no title

no title

no title

no title






3: 2017/07/21(金) 20:05:33.84 ID:eitYGmch0
つまらない人体の偽物よりこういうのをつけて欲しい

no title



43: 2017/07/21(金) 20:12:35.53 ID:doZH7IcK0
>>3
同意。
それならサイボーグっぽくなって入りやすくなる。
「欠損女子」なんていう おどろおどろしい表現では、
見せ物小屋の21世紀バージョンみたいで、後ろめたくて入りにくい。



50: 2017/07/21(金) 20:14:15.04 ID:R9ajkAPd0
>>3
これいいな
下手に人体に似せるより意外と安かったりするかも



625: 2017/07/22(土) 04:42:38.55 ID:GMjxwhEE0
>>50
そもそもこれは今までのよりも遥かに安い値段(とデザインの良さ)が売り



6: 2017/07/21(金) 20:06:03.21 ID:oh/r8a+l0
一方、おまえらは五体満足なのに働かず引きこもるのであった。


468: 2017/07/21(金) 23:18:02.84 ID:YU7qx7qj0
>>6
猛暑だからなあ



11: 2017/07/21(金) 20:06:29.26 ID:zB9+2++l0
たとえ欠損があるにしても
とりあえず、15歳~25歳の女が浴衣を着てお話し相手になってくれれば
男は喜ぶ罠w



30: 2017/07/21(金) 20:09:53.21 ID:vy0QhmCy0
もし自分の娘がハンデあったとしても正直こんなところでは働いてほしくない


235: 2017/07/21(金) 21:02:25.83 ID:9OvTWPUQ0
>>30
難しいね

でも世の中は欠損云々ではなく若い子が話し相手になってくれるなら
それだけで嬉しいって言う単純なおっさん多いからな

欠損よりも「若い」の評価が先にくる唯一の場って言われたら何も言葉を返せない

でも欠損があろうがなかろうが色を売って欲しくないし
色を売ることで簡単にお金が稼げることを若い子が覚えて欲しくない



36: 2017/07/21(金) 20:10:47.09 ID:daRyrK4a0
働くのはいいけど見に行く奴がキモいわ。
キャバクラ行く奴の方がマシに見える。



39: 2017/07/21(金) 20:12:13.44 ID:6IGqukva0
>>36
ゲイバーに行くノンケみたいな
ちょっとした物見遊山じゃね



90: 2017/07/21(金) 20:21:46.85 ID:4wKVXG3/0
お祭りでこういう見世物小屋みたいの昔あった


101: 2017/07/21(金) 20:23:54.37 ID:fnLic/2C0
フリークスや見世物小屋が好きだから言うんだけど、

これは見世物小屋。
問題は店員や客にその自覚があるか否か。
人権なんてクソだ!と思っているのか否か。



102: 2017/07/21(金) 20:24:14.19 ID:FRjESFGH0
こういう人たちは応援したいと思うけどどう接すればいいのかわからん


108: 2017/07/21(金) 20:26:14.88 ID:lxgSCHS80
>>102
普通にすればいいよ
ハゲを見るみたいによそよそしくしたり腫れ物触るみたいにするのが一番嫌がると思うよ



104: 2017/07/21(金) 20:25:02.72 ID:R8axznpc0
ゴールデン街ってだけで怖くて近寄れん


105: 2017/07/21(金) 20:25:12.75 ID:BTpYXRmm0
小人プロレスみたいな末路になるんだよ
障害者を見世物にしていて差別だってな



214: 2017/07/21(金) 20:57:04.22 ID:NkTDfGwt0
別にいいんでないの
店に来る客はそういう趣向の人たちだろうし
昔あった「怪物園」の見世物小屋みたいなもん



220: 2017/07/21(金) 20:59:50.23 ID:07DEwHv90
これで生活費の足しになるなら良いと思うわ



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧



  

コメント欄 | 新宿ゴールデン街、手・足・目を失った女性が集う「欠損女子」バー人気!

コメントの投稿









★宣伝等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。


人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク