Top Page > その他海外ニュース > FBI長官解任、ヒラリー・クリントン氏のメール問題への対応

Top

Down

でんしょこ速報トップページへ
様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン
Top Page > その他海外ニュース > FBI長官解任、ヒラリー・クリントン氏のメール問題への対応

FBI長官解任、ヒラリー・クリントン氏のメール問題への対応

カテゴリー: その他海外ニュース
更新日時: 2017年05月11日

1: 2017/05/10(水) 16:50:22.34 ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/39866756

ドナルド・トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のジェイムズ・コーミー長官(56)を解任した。ホワイトハウスは、ヒラリー・クリントン氏のメール問題への対応が理由だと説明しているものの、民主党はFBIがロシアによる大統領選介入疑惑とトランプ陣営の関与を捜査しているからだと非難している。

トランプ氏はコーミー長官にあてた手紙で、「自分は捜査の対象ではないと3回にわたり説明してもらったのはありがたく思うが」、「(FBIを)効果的に指揮することができない」という司法省の判断に同意するため、「職務を停止し地位をはく奪する」と伝えた。

大統領の罷免通知には、コーミー氏解任を提言するジェフ・セッションズ司法長官とロッド・ローゼンスタイン副司法長官の手紙が添えられていた。セッションズ長官は司法省が「高い水準の規律と公明正大、そして法の支配」を重視していると強調し、「人心一新が必要だ」と書いている。また、ローゼンスタイン副司法長官は、昨年7月にコーミー氏がメール問題でクリントン氏を訴追しないと発表したことを問題視している。

ホワイトハウスは、ただちに後任を探すと説明している。

大統領のスタッフが罷免の手紙をFBI本部に届けた時、コーミー長官はロサンゼルスの支局でFBI職員を前に話をしていた。自分が解任されたと伝えるメモを側近に手渡された長官は当初、冗談だと思い笑っていたという。

コーミー氏は4年前にオバマ前大統領によって任命された。FBI長官の任期10年のうち6年をまだ残している。FBI長官が任期中に解任されるのは、史上2人目。

民主党のチャック・シューマー上院院内総務はただちに記者会見し、ロシアによる大統領選介入疑惑の「捜査が肉薄」しているから解任したのかとトランプ大統領を批判。セッションズ司法長官がロシア介入疑惑捜査から身を引いたにもかかわらず、解任に関与したことも批判し、副司法長官に独立検察官の任命を強く要求した。

上院情報委員会のリチャード・バー委員長(共和党)も懸念を表明し、「コーミー氏解任の時期と理由に困惑している」と述べた。

コーミー長官は3月20日、下院情報委員会で証言し、ロシアによる米大統領選介入疑惑の捜査に関連して、トランプ陣営とのつながりも調べていると初めて認めていた。

解任の理由は

コーミー長官が昨年10月末に、クリントン氏のメール問題について捜査を再開すると発表した際、トランプ氏はその「勇気」を称えていた。それだけに、今回メール問題を理由に解任されたことに、大勢が驚いている。

トランプ氏は大統領選の終盤に支援者集会で、コーミー氏がメール問題の捜査を再開したのは「ガッツのいること」で、「(コーミー氏自身の)評判回復」につながったと評価していた。

一方でローゼンスタイン副司法長官は解任を大統領に提言した書簡で、「長官は2016年7月5日に、司法長官の権限を侵害し、(クリントン氏のメール問題について)訴追せず捜査を打ち切るべきという自分の判断を発表した」と批判。これは司法省幹部の頭ごなしにコーミー氏が権限を逸脱して行ったことで、
「その際の長官の対応を擁護できない。そして、対応が間違っていたというほぼ普遍的な判断を、なぜ長官が受け入れようとしないのか、私は理解できない」と書いている。

「長官は深刻な複数の間違いを犯したと、ほぼ全員が同意している。異なる立場の人々が同意できる、数少ない問題のひとつだ」と副司法長官は書き、コーミー長官が昨年7月にクリントン氏に関する「抽象的情報」を「いわれなく」公表するため記者会見を開いたのは、FBI長官として長年の原理原則にもとる行動だったと批判している。

コーミー長官は3日、上院司法委員会のFBI監査公聴会で証言し、昨年の大統領選直前にクリントン氏のメール問題について捜査を再開したと公表したことについて、大統領選の結果にFBIが影響したかもしれないと思うと「いささか吐き気がする」と認めた上で、「ひどいこと」と「壊滅的」な結果のどちらかを選択しなくてはならなかったのだと述べ、今でも同じ決断をすると言明していた。

ロシア疑惑の捜査は

コーミー長官解任の知らせを受けて、民主党はただちに、ロシア政府がトランプ政権と連携しながら大統領選に介入したのではという疑惑のFBI捜査を阻止するための解任だとホワイトハウスを非難した。

FBIのほか、連邦議会の上下両院の両情報委員会が疑惑を調べている。

9日夜に記者会見した民主党のシューマー上院院内総務は、「一連の捜査が大統領にとって、肉薄しすぎていたのだろうか」、「偶然とは思えない」と述べた。

コーミー長官の解任を受けて、「ニクソン的」という言葉が米メディアやインターネットで取り沙汰されている。ウォーターゲート事件渦中の1973年10月にリチャード・ニクソン大統領が特別検察官を解任し、それを受けて司法長官と副司法長官が辞任した、いわゆる「土曜の夜の虐殺」を多くの人が連想しているためだ。

しかしトランプ大統領は、ロシア疑惑は「偽ニュース」だと一貫して反発している。

(終わり)

(英語記事 FBI chief James Comey fired by Trump)

2017/05/10

Trump and ComeyImage copyrightREUTERS
トランプ大統領がコーミー長官にあてた解任の手紙。ホワイトハウス公表
no title


トランプ大統領はかつて、クリントン氏のメール問題捜査再開を発表したコーミー長官の勇気を称えていた
no title


85: 2017/05/10(水) 18:55:45.14 ID:Ecgbm3lO0
>>1
お前の役目は終わったご苦労様ってことかな



10: 2017/05/10(水) 17:01:24.72 ID:cBJUF3Pa0
というかコミーは選挙を経ずに大統領より偉い奴になりたかったんだろ
だからクリントンのメールを暴露してトランプのロシアコネクションもバラした
どっちが大統領になっても、スキャンダルをネタに意のままに動かせるからな



41: 2017/05/10(水) 18:00:00.83 ID:IxcybbxS0
>>10
昔にもそんなのいたな
政治家のスキャンダルを握っていたからな
ダイタイサ、FBIてナチスの残党がけっこういたんだよな
赤狩りの時にさwww



14: 2017/05/10(水) 17:05:09.77 ID:H7mqDDat0
ひらりーがアメリカの国家機密を中国に垂れ流してたという噂はどうなった?


78: 2017/05/10(水) 18:46:56.34 ID:OgfNqJn40
>>14
事実でしょ。



18: 2017/05/10(水) 17:16:41.37 ID:vYqR4nx60
東京地検の特捜部長には、駐米日本大使館に1等書記官として赴任し、CIAとFBIの研修を受けないと就任できない。


19: 2017/05/10(水) 17:29:56.97 ID:nzIC4UmB0
>>18
なるほど。だから地検は馬鹿ばっかりになるわけか。



26: 2017/05/10(水) 17:40:14.33 ID:EoL9uZch0
>>19
それは地検じゃなくて地裁でしょw



46: 2017/05/10(水) 18:08:09.14 ID:vYqR4nx60
>>26
日本独特の判検交流という制度があり、判事が検察へ、検事が裁判所へ、それぞれ出向する。
つまり司法の癒着である。
これを経験しないと判事は出世できない。
判事の人事は最高裁事務総局が握っている。



50: 2017/05/10(水) 18:16:28.74 ID:vYqR4nx60
>>19
>>29
東京地検特捜部の前身は東京地検隠退蔵物資事件捜査部であり、GHQ米軍の指揮下にあった。
仕事は戦前戦中の主に軍部絡みの資産資金の発掘である。
その後、特別捜査部へと名称が変更され現在に至る。

要するに最初から米軍の出先機関だったわけである。

なお、新潮は検察・公安、文春はCIA、とそれぞれ役割分担されている。
アメリカのターゲットとなる日本のエスタブリッシュメントはまずは新潮・文春にスキャンダルを流され、次に状況に応じて朝日毎日・読売新聞へと流され、テレビ局が騒いで世論を演出し、国会で野党に追求させる。
そして満を持して東京地検特捜部が悪徳政治家を斬る正義の味方として登場。

鈴木宗男や田中角栄など全ての政治家や官僚、財界人はこの手でやられた。



56: 2017/05/10(水) 18:22:23.98 ID:T5KuJzkh0
>>50
blackmailってやつか
常套手段だね

欧米だと児ポ掴まされて言いなりになるか人生オワタになるかどちらか



79: 2017/05/10(水) 18:48:39.54 ID:lAOSAwY10
>>56
児童買春で抑えるのは常識。
以下の例は性質上100%の証拠があるわけではないが、でっち上げのネタでもない。
例1.MI-5長官。香港駐在時に中国のハニートラップ(子ども)に引っかかった。→共産圏への潜入スパイがほとんどばれた(特にパラシュートで降下した亡命者)
例2.ポーランド防諜機関長。少年とのホモ行為を捕まれた。→ポーランド侵攻時に必要なデータが全部渡った。
例3。FBI長官。最側近とのホモ行為の証拠写真をマフィアに捕まれた。CIAにも回った。→マフィアがらみの捜査が全部筒抜け。もっとも大統領からも漏れたくらい。



83: 2017/05/10(水) 18:55:15.65 ID:PooEC5yn0
>>79
CIA自体が児童の売買そのものに関わっているという証言もいろいろある
これがばれたら大変だよ
麻薬取引などは常識としても
ドゥテルテが徹底した麻薬組織壊滅を目指していてCIAの活動に支障が出るために
オバマが人権問題とか言ってドルテルテを批判したんでしょう



20: 2017/05/10(水) 17:33:53.84 ID:adqSbmQl0
基本的にはFBIの任期が長すぎる
選挙で選ばれる大統領より任期が長いのは不自然
まさに警察国家になってしまう
権力が多重構造化して大統領も知らない事が増える
誰もFBIの暴走を止められない、真の米国支配者になる可能性がある



24: 2017/05/10(水) 17:38:38.06 ID:nzIC4UmB0
クリントンの件を不問に付したから解任ってことなら、後任の長官はクリントンの疑惑を徹底的に追求するだろう。
ベンガジ事件やらクリントン財団やら、ひょっとするとピサゲート事件まで徹底的に暴いてもらいたいな。
トランプ支持者はこれまで動きがなく失望していたからね。



35: 2017/05/10(水) 17:53:01.97 ID:T5KuJzkh0
黙って縦読みするんやで
no title


パヨクが顔面キムチレッド




    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧



  

コメント欄 | FBI長官解任、ヒラリー・クリントン氏のメール問題への対応

コメントの投稿









★宣伝等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。


人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク