Top Page > 軍事・戦争・歴史 > 話題の「応仁の乱」京都の地名の由来にも!

Top

Down

でんしょこ速報トップページへ
様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン
Top Page > 軍事・戦争・歴史 > 話題の「応仁の乱」京都の地名の由来にも!

話題の「応仁の乱」京都の地名の由来にも!

カテゴリー: 軍事・戦争・歴史
更新日時: 2017年05月09日

1: 2017/05/07(日) 23:37:03.00 ID:CAP_USER9
『応仁の乱』(中公新書)が30万部を突破してベストセラーになるなど、にわかに「応仁の乱」が注目を浴びている。
京都では、「この前の戦」というと、「第二次世界大戦」ではなく、「応仁の乱」を思い浮かべるというのはよく知られた話だ。

ちなみに2017年は、「応仁の乱」が始まった1467年から550年になる。そこで、「応仁の乱」にゆかりのある京都の名所はないか、『できる人の「京都」術』の著者でもある柏井壽氏に、きいてみた。

*  *  *

「応仁の乱」ゆかりの名所としておすすめなのは「大報恩寺」です。
「大報恩寺」と言っても、首をかしげる人は少なくないが、「千本釈迦堂」と言えばすぐに通じるのではないでしょうか。

「千本釈迦堂」はその名のとおり、千本今出川近くにあって、西陣界隈を中心として、広く篤く都人の信仰を集めています。

ちなみに、西陣織で知られる「西陣」という地名は、「応仁の乱」とかかわりがあります。東と西に陣地を置き、京都中を戦の渦に巻き込んだ「応仁の乱」。西の陣地だった辺りを「西陣」と呼んだのが始まりです。なお、東陣という地名は残っていません。

その「応仁の乱」は京都を焼野原にし、寺社も民家もことごとく焼失させましたが、奇跡的に焼け残ったのが、千本釈迦堂の本堂です。つまり京洛最古の建造物なのです。もちろん国宝にも指定されています。

「この前の戦」というと、京都人は第二次世界大戦ではなく、「応仁の乱」をあげると揶揄されますが、それはあながちジョークではなく、それほど大きな被害を受けたという意を含んでの言葉なのです。その「応仁の乱」を潜り抜けたというだけあって、千本釈迦堂の本堂には戦を交えた跡が残されています。柱に残った刀疵や矢の跡を観て、触れることができるのは貴重な体験ではないでしょうか。

■「本家尾張屋」で本物の老舗を知る

さて、もう一つ、「応仁の乱」ゆかりの場所をご紹介しましょう。それは、烏丸御池近くで暖簾を上げる「尾張屋」です。「尾張屋」の創業は1465年というから、なんと応仁の乱の前々年のことになります。尾張国から京に出てきた和菓子屋が前身ですが、今では押しも押されもせぬ老舗蕎麦屋です。

500年をゆうに超えて、京で商いを続けてきた店だが、店の名に<京>を冠しないところが奥ゆかしい。このお店の名物「宝来そば」は五段重に盛られた「わりご蕎麦」。これもおいしいですが、シンプルな「かけそば」を食べると、この店の真価がわかります。老舗ならではの深い味わいです。

配信 2017/5/ 6 16:00

dot.
https://dot.asahi.com/dot/2017042800078.html


3: 2017/05/07(日) 23:37:39.70 ID:i7/bM4fZ0
仁和寺もそうなのかな


7: 2017/05/07(日) 23:42:09.82 ID:ZqE/3alf0
>なお、東陣という地名は残っていません。

そのいいかただと、「東陣という地名は(昔はあったけど、今は)残っていません。」
って言ってるように聞こえるんだが。

東軍の本陣が室町御所にあったから、東陣なんて地名は最初からなかった



35: 2017/05/08(月) 00:03:43.55 ID:5ll7vjo90
>>7
上御霊神社周辺も東陣。
普通に地元民は認識してるよ。



76: 2017/05/08(月) 00:44:21.81 ID:HuEgpT2l0
>>7
花の御所(室町)から西陣(堀川)なんて
目と鼻の先だよな。
そんな近くに敵がいたら、夜もろくに眠れなさそう。



8: 2017/05/07(日) 23:42:49.14 ID:uwrbZEeM0
淀と淀君は関係ありません


24: 2017/05/07(日) 23:58:21.03 ID:ZqE/3alf0
>>8
秀吉に淀城を作ってもらったんだよ



9: 2017/05/07(日) 23:43:02.04 ID:GhFvV5l90
安土桃山、幕末の方が人気では目立っていたイメージだったけど、遂に室町はたまた鎌倉ブームがくるのか


22: 2017/05/07(日) 23:56:31.38 ID:NT8rxzc+0
>>9
鎌倉源平も室町太平記もそれなりに人気が有るけど
応仁の乱は始まりがくだらないし
収めるべき将軍がそもそもさしたる行動を起こさず
最終的な勝者もハッキリしない。
一つ一つの人間の動きには興味持てるかもしれんが
長編の物語としてはどうにも締まらないw



262: 2017/05/08(月) 11:00:05.51 ID:NPLyCu5O0
>>22
以前NHK大河ドラマでやった応仁の乱を題材にした
「花の乱」は記録的低視聴率だった。



284: 2017/05/08(月) 11:56:54.16 ID:f0AOUxlO0
>>262
大河の最高傑作といわれる「太平記」も
視聴率は低かったよ



77: 2017/05/08(月) 00:44:24.42 ID:Ur576Ipg0
室町幕府は、むにゅむにゅした政府だったからな、断然決裁とかしない。

尊氏の性格が反映しているんだと思うけど。



92: 2017/05/08(月) 01:07:36.84 ID:zF5uSxEKO
>>77
…んで、キレて恐怖の第六天魔王になって中央集権化しようとした将軍様は怖がり過ぎた赤松さんにいきなりサクッと殺されたしなー



94: 2017/05/08(月) 01:10:52.75 ID:+rfBBVI50
>>92
「くじ引きで選ばれた将軍」ってバカにされ過ぎた反動なんだろうよ。
義満が急に死に過ぎたのがすべての原因。3代目が大事って本当なんだな



226: 2017/05/08(月) 09:39:57.44 ID:BUfccuiN0
>>94
全然違うよ!
当時のくじ引きは、
くじ引き=神の意志
周りが中央集権を願ったからくじ引きの体裁で優秀な信長タイプを将軍にしたんだよ。
室町幕府は弱すぎたからな。
元祖信長だよ、室町六代は。
仕組みが出来上がりつつあるフェーズで部下に暗殺されるのも全く同じ。これが日本社会なんだよ。



101: 2017/05/08(月) 01:18:22.28 ID:X8vZyjdE0
>>77
南北朝で正統性が問われたところから始まったのが
ケチのつき始めで、義満を除けば、
足利家に強力な指導力があったわけでもなく、
地方封建社会がそれぞれ独自に成長して
有力守護大名となって力を誇示しあってたからな。



98: 2017/05/08(月) 01:14:13.72 ID:JzAktsSR0
最初は目的がある争いだったが、だんだんわけがわからない争いになり、気がついたら日本中が戦国時代になってしまっていたw


149: 2017/05/08(月) 04:14:32.43 ID:HYMXaXTg0
>>98
まあ応仁の乱は戦国時代への助走といっていいだろう
そして明応の政変で入り口が開いてしまったと

家臣に追い出された将軍があっちこっち行って将軍に返り咲くため日本中に火種を巻いていった



116: 2017/05/08(月) 01:50:15.40 ID:4rWXvRHs0
応仁の乱が切欠なのは間違いないが、
15-16世紀は全世界的にプチ氷河期で食糧不足で殺し合いが横行してた時代であった。
16世紀末辺りに気候が戻るとともに全世界的に戦乱の時代は収まる。



194: 2017/05/08(月) 08:35:59.66 ID:jCs+6yXo0
>>116
いかに食い物が大事か



196: 2017/05/08(月) 08:40:35.47 ID:fQsSjCx50
>>116
正にそう
あちらじゃ産業革命以前は暗黒時代だからな
また氷河期が訪れそうだが



212: 2017/05/08(月) 09:18:41.58 ID:BUfccuiN0
>>116
最近の高校では
「歴史に一番影響与えてるのは気候。
温暖な時代は平和で文化が発展するが、寒冷化すると争いの時代になる」
ときちんと教えるところがボチボチ出てきてるよ。



215: 2017/05/08(月) 09:21:40.57 ID:x2ljQGyA0
>>116
今のバヌアツ付近で海底火山だ大爆発して
冷夏がきたようだね
コンスタンチノープリ陥落にも関係あるらしいw



132: 2017/05/08(月) 02:17:03.79 ID:elf1R2wyO
応仁の乱よりも前から始まった享徳の乱は、注目されないようだ。
元々は室町柳営(将軍家)と鎌倉(古河)公方の喧嘩から始まったのに。



216: 2017/05/08(月) 09:24:05.51 ID:BUfccuiN0
>>132
平将門
鎌倉幕府
鎌倉公方←ここ絡み注目度低すぎだよな
江戸幕府



236: 2017/05/08(月) 10:13:02.10 ID:0jO/gReW0
>>216
あの時代の関東史面白いよな
上杉ってこのころからいたのかよみたいな



228: 2017/05/08(月) 09:48:33.81 ID:Xu0lg3vS0
>>132
この一連の争い、ホントに面白いのになー。上杉禅秀の乱から始まる関東のプレ戦国史。

全国区レベルの人気になってほしいんだが。なかなかね。



154: 2017/05/08(月) 05:05:55.79 ID:7glUdbR10
室町あたりは武士も農民も町民もやたら気が短くて身内以外は全部敵って感じだったから、ちょっとしたことで人死が出るような喧嘩がしょっちゅうあったらしいな。
応仁の乱も跡目争いやら権力抗争が何重にも重なり合った結果収拾のつかないグダグダで血みどろな争いが何年も続いたわけで、ほとんどヤクザの抗争みたいなもんだな。



161: 2017/05/08(月) 05:50:43.22 ID:WyWXzQDn0
>>154
>ほとんどヤクザの抗争

まさにその通り。
戦国武将もヤクザの親分そのもの。
縄張り争い、抗争、領地ぶんどり合戦、は残忍さの競争。
なんの異議もなければ価値もない、血で血を洗う殺戮の歴史。

歴史そのものには価値なんて無い。欲望の結果と経過がある
だけ。



155: 2017/05/08(月) 05:17:53.11 ID:XK7IwCpD0
あの頃は大変だった



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧



  

コメント欄 | 話題の「応仁の乱」京都の地名の由来にも!

コメントの投稿









★宣伝等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。


人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク