Top Page > 学校・学問関連 > 「ベテルギウス」爆発寸前?『2つ目の太陽』出現、遺伝子損傷で地球滅亡?

Top

Down

「ベテルギウス」爆発寸前?『2つ目の太陽』出現、遺伝子損傷で地球滅亡?

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

「ベテルギウス」爆発寸前?『2つ目の太陽』出現、遺伝子損傷で地球滅亡?

カテゴリー: 学校・学問関連
更新日時: 2017年04月15日

1: 2017/04/13(木)
【悲報】もうすぐ“2つ目の太陽”出現、遺伝子損傷で地球滅亡! 太陽の900倍の巨星「ベテルギウス」が爆発寸前!

2017年4月13日 7時30分

 冬季に南東の空に現れる「冬の第三角形」。その一角を成す「オリオン座α星ベテルギウス」の名は、天体に興味がない人でも一度は耳にしたことがあるだろう。天空に一際明るく輝くベテルギウスであるが、実は我々の知らない間に消滅してしまっているかもしれない、という話をご存知だろうか?

■ペテルギウス爆発間近? 地球への影響は?

 ベテルギウスは太陽の900倍の大きさ、20倍の質量を持つ赤色超巨星で、地球から642光年離れているものの、太陽の10万倍明るいため肉眼で観測することができる。

 約100億年の寿命と言われる太陽に対し、質量が大きく、核融合反応が激しいベテルギウスの寿命は僅か1000万年ほどといわれているが、それもすでに99.9%が尽きており、いつ超新星爆発を起こしてもおかしくない状況にある。さらには、いま見えているベテルギウスの光は642光年前のものであるため時間差で観測できないだけで、すでに消滅してしまっている可能性まであるというのだ。

 赤色超巨星のベテルギウスが超新星爆発を起こした場合、地球もただでは済まない恐れがある。トカナでも再三その危険性を訴えてきたように、超新星爆発の際にはガンマ線バースト、特に数千光年先まで届くといわれる「ロング・ガンマ線バースト」が放出される。これは、はるか彼方から射撃を試みるスナイパーのようなもので、宇宙空間はいつどこからガンマ線バーストに“撃たれる”のかわからないというスリリングな状況にあるのだ。

 ベテルギウスの自転は地球から20度ずれているため直撃することはほぼないと見積もられているが、超新星爆発時の衝撃で自転軸が変化しないとも限らず、正確な予想は困難とされている。

 もしもガンマ線バーストが直撃してしまったら、地球環境を有害な紫外線などから守っているオゾン層が破壊され、電子機器が壊滅的被害を受けるのみならず、人間をはじめとした生物も遺伝子が損傷し、がんや染色体異常が多発することになると言われている。

■近々、ベテルギウスが月よりも明るくなる?

 また米有名雑誌「Forbes」オンライン版(3月22日付)によると、ガンマ線バーストの直撃を免れたとしても、ベテルギウスの超新星爆発は我々が慣れ親しんだ天体の相貌をガラッと変えてしまう恐れまであるそうだ。

これまでにも天の川銀河内での超新星爆発は複数回に渡って起こっており、日中でもその光が観測できたというが、どぁっっっっっwベテルギウスは比較的地球に近いため、これまでとは比較にならないほど明るく輝くという。

 もともとペテルギウスは、肉眼での星の明るさを表す視等級が0.42(数値が小さいほど明るい)と極めて明るいが、超新星爆発の際にはマイナス11等級を超え、マイナス10等級前後の半月にも勝ると予想されている。つまり、満月(マイナス12.7等級)に次いで夜空で2番目に明るくなるということだ。さらに、数年かけ徐々に減光していくため、肉眼で見えなくなるまで1年以上にわたり継続して輝き続けるという。

 ベテルギウスが現在どういう状態にあるかは誰にも分からないが、もしかしたら今年の冬にはもう今までと同じ夜空を観測することはできなくなるかもしれない。ともすれば、我々人間には恒久不変のようにみえる天体も、宇宙のスケールからすればなんと儚いのだろうか。
(編集部)
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51637/
 今日のおすすめ記事



12: 2017/04/13(木) 23:35:21.46 ID:0bgAu2OQ
ベテルギウスよりトランプと黒電話が爆発寸前


14: 2017/04/13(木) 23:38:16.93 ID:6BvjoC0v
10年くらい毎年聞いてるネタ


21: 2017/04/13(木) 23:53:41.39 ID:XkLFu1Rc
ガンマ線って、ほとんど相互作用しないで地球なんか何もないようにスルーして通り抜けていくと学校で習ったんだけど?

人類なんか通り抜けていく。ガンマ線目線で見れば、人間はスカスカ。
なんでDNAとぶつかって傷つけるんだろうか?
 



27: 2017/04/14(金) 00:06:40.44 ID:gLZAvlem
>>21
ソレはニュートリノ。

ガンマ線は、放射線の中でもかなりヤバいやつだよ。
実態は超高エネルギーの光だけどね。X線より波長短いから見えないけど。

地球生命40億年の歴史で、少なくとも1回はガンマ線バーストの直撃で
大量絶滅が起きたと言われてる。(確証は無いけど傍証はある。)

でも、40億年に1回ぐらいの確率だから気にするだけ無駄だな。
ベテルギウスじゃ遠すぎて影響皆無と言われてるしな。



33: 2017/04/14(金) 00:45:48.06 ID:PJPCoGKT
>>27
ニュートリノだったか。

光って粒子性と波動性の2面性があるっていうけど、高エネルギーの光のガンマ線と、それと比べると低エネルギーの通常の光では、どう違うんだろ?
波動性で捉えたら波長が違う(高エネルギーが波長が短い)んだろうけど、粒子性で見たら違いないよね?
高エネルギーの光のほうが早いとか、重いとかないよね。
光(電磁波)の速さは常に一定だし。

光のエネルギーの大きさは波動性で見ないと違いが判らない、粒子性では違いがないということ?
 



28: 2017/04/14(金) 00:07:25.46 ID:RprxHkIk
9条があるから日本だけは大丈夫


46: 2017/04/14(金) 04:03:23.27 ID:Y6WQQewV
youtubeなんかに超新星爆発のシミュレーション動画が転がってるが
20度のズレがあるから安全なんてことは絶対にない
爆発直前は非常に不安定でむしろ自転軸直下は安全かもしれない
20度ずれているから安全なんてデマを至るところでみるが
そんな嘘をつくということは、かなり可能性が高いのかw



47: 2017/04/14(金) 05:05:39.97 ID:iesMDOjh
>>46
人間死ぬときは死ぬもんだ
ましてや超新星爆発なんて人間には全く対処のしようのない原因で死ぬのなら考えても無駄

なにしろバーストが地球を直撃すれば爆発したと分かった瞬間に即死するのだから対処も何もない
爆発したのに気付いて慌てて地下に潜る時間なんて皆無なのだからね

ベテルギウスのバースト直撃の心配するよりは
アメリカの北朝鮮征伐によって、北朝鮮から日本に弾道ミサイルが発射されたら
自分や家族はどうするのかを様々なケースを想定して頭の中で考えて行動計画書として纏めて家族で認識を共有しておくことだ

アメリカが北朝鮮を叩けば北朝鮮は報復に日本にも核ミサイルを撃つのは確実
そしてイージス艦に代表される現在のミサイル防衛の技術では全弾撃破はまず望めないから何発かは日本に着弾して爆発するのはまず確実だ

ベテルギウスのガンマ線バーストは個人はおろか人類の総力を以ってしても対処のしようがないから運を天に任せるしかないが
北朝鮮の核ミサイルに関しては対処を考えておいてそれに従って行動するかどうかで助かるはずの人間も死ぬ羽目になり得る
心配するならそっちを心配することだ
良く対処を考えておけば周りの人々が死んでも自分たち家族は助かるケースも有り得るんだから心配し甲斐があるってもんだよ



54: 2017/04/14(金) 09:04:59.82 ID:wrzTNXEK
はーあ(´・ω・`)


74: 2017/04/14(金) 22:29:00.72 ID:GDYbICNR
99.9%ってことは、まだ1万年くらいの幅があるということ。
来年かも知れないし、9000年後かも知れない。
それくらいの幅がある。
それが宇宙スケール。



86: 2017/04/15(土) 17:26:13.59 ID:VyrVkbZP
人類がいつ地球上に出現したのかは判明していないが多くの人類が絶滅してきた事だけは確かだ
それら絶滅の原因のうちには超新星爆発も含まれている可能性を考えると恐ろしい気がしてくるな




    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧

 関連記事

  

 「ベテルギウス」爆発寸前?『2つ目の太陽』出現、遺伝子損傷で地球滅亡?
8232いつもの名無し:2017/04/15(土) 21:19:33 ID:- 
それよりも、ペテルギウス と どぁっっっっっw って

8233いつもの名無し:2017/04/15(土) 22:17:46 ID:- 
もう生きていないからなぁ

8234いつもの名無し:2017/04/15(土) 23:06:49 ID:- 
遺伝子損傷してても、最優秀民族を自称してのうのう生きてるのが隣国と国内にいるけどな
漏れなく既知外だけどw

8235いつもの名無し:2017/04/16(日) 21:49:35 ID:- 
鉄より重い元素が体内にあるということは、超新星の一部が含まれているということ。

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
カテゴリ