Top Page > 全国ニュース > 三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘

Top

Down

三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘

カテゴリー: 全国ニュース
更新日時: 2016年05月05日

1:2016/05/02(月) 20:51:12.82 ID:
 
南海トラフ地震「発生が早くなる」可能性も 専門家が指摘

 2度の「震度7」を観測した熊本大地震。この激震は「次の地震」に影響を与える可能性があると専門家は指摘する。

 東日本大震災以降、「次にくる大地震」の筆頭とされていた南海トラフ地震。30年以内の発生確率は60~70%と非常に高い。今月1日、研究者をヒヤリとさせる出来事が起きた。三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震が観測されたのだ。

 ここでは、近年はほとんど地震が起きていない。フィリピン海プレートが陸側のプレートの下に沈み込む場所で、普段はプレート同士ががっちりくっついているからだ。そこが動いたとなると、巨大地震の始まりかもしれない。過去の地震は、この場所から破壊が始まっていた。

 いまのところ事態が大きく動く様子はないが、京都大学の西村卓也准教授は言う。

「この場所にひずみがたまってきている一つの指標ではある」

 地震の規模は最大でM9クラスを想定している。経済への影響は、コンビナートが津波で破損、流失するなど、生産・サービスの低下によって30.2兆円、東海道新幹線や高速道路の破損など交通の寸断によって4.9兆円と内閣府は試算している。

 過去の事例では、最初に東側の東海地域で、次に連動して西側の南海地域で地震が起きていた。東西の発生間隔は、ほぼ同時ともいえるわずかな時間差から、数日、数年まで。海洋研究開発機構(JAMSTEC)地震津波予測研究グループの堀高峰さんは、

「やっかいなのは、東海と南海が時間差で起きるとき。これで終わりかと思ったら次の大きな地震が来るというのが怖い」

 地震の予測でいま注目を集めるのは、地震の発生を早めたり、最後の引き金になったりする「トリガー」の存在だ。

 例えば東日本大震災では、震源近くで2日前にM7クラスの地震が発生。堀さんはこう見る。

「隣接する地域で起きた地震によって、南海トラフにひずみがプラスされ、発生が早まると考えられます」
 今日のおすすめ記事



2:2016/05/02(月) 20:51:55.18 ID:
毎年言えば、そのうち当たる
89:2016/05/02(月) 22:29:47.87 ID:
志摩市賢島に30mを超える津波に耐えられる山とかあんの?
111:2016/05/03(火) 01:34:20.55 ID:
>>89
横山展望台
120:2016/05/03(火) 08:41:46.67 ID:
まあこの地図だって専門家が作ってた訳で
121:2016/05/03(火) 08:45:49.47 ID:
>>120
熊本高いやん
136:2016/05/03(火) 16:16:21.62 ID:
>>120
関東平野怖すぎるから九州へ移住しようぜ
142:2016/05/03(火) 22:54:47.10 ID:
>>120
それで「当たった」というのは苦しいねw
143:2016/05/03(火) 23:08:04.53 ID:
>>120
ああ
一応今回地震が起きたところ周辺は危険だってのは予測されてたのか
147:2016/05/04(水) 00:17:33.06 ID:
>>120
これ見ると大都会岡山も安全ではないな
145:2016/05/03(火) 23:55:39.79 ID:
南海トラフなんて来る来る詐欺だろ
本当は来やしないんだ
杞憂だ
146:2016/05/03(火) 23:58:56.20 ID:
>>145
いや歴史地震で周期性があることはわかってるから
151:2016/05/04(水) 08:59:14.68 ID:
>>145
愚者ですら歴史から学ぶのに
150:2016/05/04(水) 03:38:04.14 ID:
南海トラフは早くても20年後
今後10年以内に来る事はまずない
152:2016/05/04(水) 09:32:35.41 ID:
単発だったらエネルギーの放出程度で大丈夫
連発を始めた時、そこからがカウントダウン



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘
コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク