Top Page > 米国ニュース > CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開、ダウンロード可能に

Top

Down

CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開、ダウンロード可能に

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開、ダウンロード可能に

カテゴリー: 米国ニュース
更新日時: 2016年01月29日

1:2016/01/26(火) 19:26:28.28 ID:


宇宙人を乗せて飛来すると言われる未確認飛行物体「UFO」は今も昔も世界中の人々の関心を集めているわけですが、アメリカのCIA(中央情報局)は1940年代から1950年代にかけて調査が行われたUFOに関する文書を公開しました。CIA自らが「Xファイル」と呼ぶ文書データは、CIAのサイトで公開されて誰でもダウンロードして読めるようになっています。

Take a Peek Into Our “X-Files” — Central Intelligence Agency
https://www.cia.gov/news-information/blog/2016/take-a-peek-into-our-x-files.html



今回CIAが公開した文書は1978年に行われたUFOに関する調査で作成されたもので、長らく機密扱いとして非公開にされてきたものとのこと。サイトでは「以下では、『Xファイル』に登場するモルダー捜査官が地球外活動の存在を説得するために使えそうな5件の文書や、彼の疑い深いパートナーであるスカリー捜査官がUFO目撃情報に科学的裏付けがあることを証明できそうな5件の文書をそろえました」と書かれており、なかなかシャレたCIAの一面を見ることができます。さらに最後には「The truth is out there(真実はそこにある)」と作品中のワンフレーズを挿し込むという徹底っぷりもなかなか。



ということで、ページの下部ではこのようにピックアップされている文書へのリンクが張られています。「モルダー捜査官が関心を持ちそうな文書5件」には「西ドイツで報告された空飛ぶ円盤、1952年」や「(CIAの)支部長会議議事録、1952年8月11日」、「ベルギー領コンゴのウラン鉱山上空で目撃された空飛ぶ円盤、1952年」などの文書が並ぶほか、「スカリー捜査官が関心を持ちそうな文書5件」にも「未確認飛行物体に関する科学諮問委員会、1953年1月14~17日」「空飛ぶ円盤に関するCIA長官への覚書、1952年10月2日」など、思わず読んでしまいたくなるようなタイトルが踊っています。
 


「ベルギー領コンゴのウラン鉱山上空で目撃された空飛ぶ円盤、1952年」を開いてみるとこんな感じ。タイプライターで作成されたとみられる文書がスキャンされ、画像PDFに変換されている模様。

(PDF)'FLYING SAUCERS' IN EAST GERMANY - DOC_0000015464.pdf

文書の冒頭では、「先日、2つの燃えるような円盤がベルギー領コンゴにあるウラン鉱山の上空で目撃された。円盤は優雅なカーブを描きながら移動し、互いの位置を数度にわたって入れ替えるなどしたため、地上からはその形状が板状や楕円状、またはシンプルな線状に見えた。突如、2つの円盤は1か所にホバリングし、その後、風変わりなジグザク状の飛行を行って北東の方角へ飛んでいった。目撃者には、耳を突くような高音でブンブンとした音が聞こえた。全ての活動は10分から12分にわたって行われた」という状況が克明に書かれています。




同文書の後半では、目撃された円盤をスケッチしたイラストも記録されていました。



CIAのサイトでは、同様の文書が200件以上公開されており、以下のページから確認することが可能です。全ての文書に目を通すのは大変な作業になりそうですが、UFOに関する貴重な資料として読んでみるのも面白そうです。

UFOs: Fact or Fiction? | CIA FOIA (foia.cia.gov)
http://www.foia.cia.gov/collection/ufos-fact-or-fiction

http://gigazine.net/news/20160126-cia-x-files/
 今日のおすすめ記事



55:2016/01/26(火) 20:20:04.99 ID:
>>1 のリンク先の
1953年1月14-17日の未確認飛行物体に関する科学諮問委員会の報告のなかに、

1952年8月5日の羽田空軍基地のUFO目撃の情報が同委員会で
評価検討の対象になったことが書かれてる。
3:2016/01/26(火) 19:27:41.95 ID:
CIAの情報ほどアテにならないものはない
4:2016/01/26(火) 19:28:12.43 ID:
>>10
モルダーあなた疲れてるのよ
9:2016/01/26(火) 19:30:57.41 ID:
>>4貴方憑かれているのよ
11:2016/01/26(火) 19:32:15.73 ID:
>>9
いやいやあなたが…
5:2016/01/26(火) 19:29:19.95 ID:
ドラマ復活に合わせたな
12:2016/01/26(火) 19:32:29.30 ID:
旅客機のパイロットの暗黙のルール
UFOを見たとか、遭遇したとか事実で他の証言あっても言ってはいけない

内勤で飼い殺しにされる
36:2016/01/26(火) 19:53:06.50 ID:
>>12
辞めた全日空の元機長とかがしゃべってるね
見た事実だけでそれがなにであるとかは言わないけど
他には元宇宙飛行士とか
こちらも現役の時は何故か言わない
64:2016/01/26(火) 20:39:04.80 ID:
>>36
幻覚見るほど過労状態の人間に航空機の操縦なんかさせられないだろ(´・ω・`)
83:2016/01/26(火) 21:08:21.77 ID:
>>12
そりゃ精神病が疑われるからだろ。
13:2016/01/26(火) 19:32:30.45 ID:
これを公開するために何人のエージェントが犠牲になったことやら…
15:2016/01/26(火) 19:32:51.64 ID:
どう考えてもCIAによるIPアドレス収集プロジェクトでした
本当にありがとうござました
31:2016/01/26(火) 19:51:16.97 ID:
存在をにおわすという事はおらんということだよ
わかったか情弱くんたち
41:2016/01/26(火) 19:58:16.63 ID:
宇宙人はすでに地球に来ています
59:2016/01/26(火) 20:30:46.70 ID:
UFOなんて存在しない、少なくとも地球付近では
地球に来るためにどれ程の時間が掛かると思っているんだ
宇宙人は存在するのは間違いないけどね
127:2016/01/26(火) 23:10:11.42 ID:
オバマが軍人時代に火星に勤務した事実をはよ
132:2016/01/26(火) 23:36:10.16 ID:
NROって30年ぐらい前に米議会で話題になったやつだろ、上院で予算使いすぎだろゴラアと突き上げられてたw
何故か日本のオカルト誌が今まで聞いたことがない秘密の組織が白日の下にって大はしゃぎしてた。
小学生の頃はワクワクしたなぁ



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開、ダウンロード可能に
コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク