Top Page > 車バイク電子機器 > ニッポンの家電産業はなぜ負け続けるのか?

Top

Down

ニッポンの家電産業はなぜ負け続けるのか?

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

ニッポンの家電産業はなぜ負け続けるのか?

カテゴリー: 車バイク電子機器
更新日時: 2016年01月04日

1:2016/01/03(日) 00:34:56.42 ID:
 
昨年は、戦後70年の節目ということで、メディアではさまざまな振り返りが盛んな1年であった。

 産業史や経済史を振り返ると、日本は太平洋戦争で負けてすべてを失ってから、再び新しい民主国家を創り直し、近年、中国に抜かれるまでは、米国に次ぐ世界第2位の経済大国として力強くよみがえった。

 その大きな原動力となったのが製造業である。旧財閥系の企業だけでなく、ソニーやホンダなど、戦後の新興企業が家電や車の業界に旋風を巻き起こした。

 日本製の工業製品は、世界最高の性能と品質を誇り、メイド・イン・ジャパンは、世界中の人達が競って買い求めるプレミアムブランドとなった。

 古い映画だが、世紀の大事業として語り継がれる黒部ダムの建設を描いた『黒部の太陽』などを観ると、高度成長を支えた電力事業などのインフラ産業においても、そこに描かれている戦後の経済人や企業人には、国家再興に命を懸けたプライドや気迫がみなぎっていた。

 福島の原発災害で醜態を晒した現在の東京電力などからはおよそ想像もつかない使命感に溢れた高いモチベーションがそこにはあった。


95年が繁栄のピークだった

 しかし、その状態は長くは続かなかった。

 米国国家情報会議が大統領選挙の年に発行する「Global Trends」という白書(最新版は2012年12月発行)や、それに基づいた立花隆氏の分析をみると、日本は1995年に繁栄のピークを終えて衰退期を迎え、急速な高齢化の進展と人口の減少で、長期的に経済成長を実現させる潜在力は極めて限定的、今後頻発する経済危機に対して最も不安な国として描かれている。

 実際、すでに栄光は過去のものとなり、家電をはじめとした製造業の世界もすっかり様変わりしつつある。

 その理由は追って詳述するが、スマホやタブレットなど、いわゆるクラウド時代の新たなデジタル機器が出現し、その主導権を握るのはもはや日本勢ではなく、アップルやグーグルなどの米国勢だ。

 量産のスタイルも、パソコンのような水平分業型が主流となり、韓国勢や、日本企業からの受託生産で急成長した台湾・中国のEMSメーカーが躍進した。

 日本の家電産業の苦境が一気に表面化したのは、東日本大震災に見舞われた翌年、2012年3月期の決算発表時であった。ソニー、パナソニック、シャープなどの家電大手各社が、軒並み一社当たり数千億円に及ぶ巨額の損失を計上して、世間に大きな衝撃を与えた。

 その後、各社各様の建て直し努力が続いているが、これは、決して震災などに起因した一過性の現象ではない。それぞれの企業固有の経営問題であると同時に、日本の家電産業全体が抱える構造的な問題が一気に露呈したものでもある。

 したがって、国家の産業政策的にみれば、業界大再編を視野に入れたダイナミックな産業革新の発想とアクションが求められてしかるべきなのだ。

 そんな中、先般、東芝・富士通・VAIOのパソコン事業統合や、東芝とシャープのシロモノ家電事業統合のニュースが流れた。企業ぐるみの悪質な不祥事が発覚して、深刻な経営不振に直面する東芝のリストラが起点になって業界再編が進むのは皮肉な話だ。

 しかし、きっかけはともかく、今後、日本の家電産業がグローバル市場での競争力を再び取り戻すためには、手遅れになる前に本格的な業界再編を急ぐべきだろう。一時「産業のコメ」とも呼ばれ、1980年代には隆盛を誇った日本の半導体産業が、今ではすっかり衰退してしまったことを思えば、残された時間は長くはない。

 半導体業界でも、結局、NEC・日立製作所・三菱電機の半導体部門を再編し、産業革新機構やトヨタなどが資金援助をしてルネサス エレクトロニクスを誕生させたが、後手に回った感は否めない。 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00047157-gendaibiz-bus_all 

 今日のおすすめ記事



75:2016/01/03(日) 03:39:34.62 ID:
>>1
ちゃんと現代ビジネスがソースって書いとけボケが読むだけ時間の無駄なんじゃ
89:2016/01/03(日) 13:02:27.55 ID:
>>1
家電業界に限らず、無能が高給を貰えてしまう日本の悪習によるもの。
41:2016/01/03(日) 01:32:08.10 ID:
明治大正は他国に負け続けるか下請け企業時代だったし
昭和の一時期他国より強かった時代があっただけ
時代の流れだろう
52:2016/01/03(日) 01:41:12.47 ID:
ユーザーが求める機能は省かれ
要らない機能は追加され

パクリの本場の中国はユーザーが喜ぶ機能はなんなのかわかって盛り込むあたり
そのへんのことよくわかってるよ
だてにパクリで生きてきてない(+_+)
55:2016/01/03(日) 01:44:30.46 ID:
貧乏で唐行きさんがシンガポール、中国、香港、フィリピン、ボルネオ、タイ、インドネシアに行って稼いでた頃から見ると日本も偉くなったものだと当時の人は思ってるだろう。
92:2016/01/03(日) 13:25:06.12 ID:
日本人が組織作るとすぐ硬直したものにしてしまうからね
102:2016/01/03(日) 17:36:16.73 ID:
全ての大手家電、創業者=開発者の一人だった。
ところがももの作りを知らない人が経営者になり、
有能な開発者が海外企業に流出し徐々に衰退。

OS戦争に絡めず装飾差別化に走ったこと、そして空洞化も最大の要因。
104:2016/01/03(日) 17:44:18.09 ID:
何で有機ELテレビ国産メーカーは出せないの?
107:2016/01/03(日) 17:50:55.14 ID:
>>104
最初に製品化したのはSonyだが、日本勢は
プラズマと有機ELを投げだし液晶に集中。
そして気がついたら生産拠点も技術資本もなくなった。

でも、パナはサムソンと提携してやる気のようだけど。
108:2016/01/03(日) 17:51:20.00 ID:
>>104
出したけど売れなかった

今の有機ELは低分子なんで、高い液晶の位置づけ
なら液晶でいいんじゃね?ってことだ

高分子が実用化されないかぎり、有機ELが液晶にとってかわることはない
109:2016/01/03(日) 17:54:15.63 ID:
>>104
パナがヨーロッパ向けに売るよ
でもあまりにも高すぎて売れないだろうね
液晶でも直下LEDならかなり綺麗だし、実際LGの有機ELTVが売れてるとは思えないし
106:2016/01/03(日) 17:49:12.33 ID:
確かに家電で国内メーカーが良いと思うのは冷蔵庫、洗濯機、電子レンジくらい
その他は別に外国製でも不自由無いと思ってしまう今日この頃
111:2016/01/03(日) 18:08:39.88 ID:
単純に高性能ですごいの出せないのかね?
ノートPCなんか日本メーカーのビデオチップしょぼすぎ
熱で壊れるから嫌がるんだろうけど家電で培った冷却技術でなんとかしろよ
112:2016/01/03(日) 18:38:46.41 ID:
ロボット掃除機避けてマイナスイオン、プラズマクラスタだもんね
リスク避けて後追い、日本しか通用しない疑似科学の付加価値を
日本だけで高価格で売って安住していれば
そりゃ世界に通用しない、負けますわ
113:2016/01/03(日) 18:41:42.30 ID:
>>112 ハイブリッド車出したトヨタとえらい違い
122:2016/01/03(日) 19:28:40.50 ID:
生活家電は日本メーカー以外買う気が起きないな、中国メーカーの安物で水漏れとか怖すぎ
経年劣化で止まる分にはいいけど水漏れすると集合住宅だと補償がヤバイ

マジメに頑丈な家電作って売り続ければ10年後くらいに日本製はいいって評価が固まるんじゃないか?
中国家電があと数年で世界中で壊れ始めるだろうからその時がチャンス
143:2016/01/03(日) 21:03:32.72 ID:
労働者は消費者でもある。企業が労働者の給与減額したら、その会社の商品は買えなくなるという事が理解出来ないのだろうな。
法律で整備してでも、労働者の権利を保護しないと日本はダメになる。
152:2016/01/03(日) 21:12:53.42 ID:
今年あたりが中国の爆買い終了だろうなぁ。もうボーナスステージは終わってきた。



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 ニッポンの家電産業はなぜ負け続けるのか?
6871いつもの名無し:2016/01/04(月) 15:05:55 ID:- 
不勉強で現場も知らない元ヒラメ管理職がその無能ゆえに警戒されることなく後継指名される、を繰り返した結果。

6872いつもの名無し:2016/01/04(月) 15:17:51 ID:- 
ももの作り
でコーヒー吹いた

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク