Top Page > 軍事・戦争・歴史 > 安保法制、自衛隊員はどう思う「子供がいるんですよ、『戦場に行け』は非常識。次の政権は共産党で」

Top

Down

安保法制、自衛隊員はどう思う「子供がいるんですよ、『戦場に行け』は非常識。次の政権は共産党で」

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

安保法制、自衛隊員はどう思う「子供がいるんですよ、『戦場に行け』は非常識。次の政権は共産党で」

カテゴリー: 軍事・戦争・歴史
更新日時: 2015年07月01日

1:2015/06/26(金) 21:09:01.57 ID:
 
安保法制に揺れる自衛隊員のホンネ…「無関心派」が半分!? 残り4割は「やる気なし」

自民党推薦の憲法学者まで「違憲」と断じ、大荒れとなっている安保法制。通常国会の会期末までの衆院通過が困難となり、結論は来月以降に持ち越されることになったが……。今回の議論に自衛隊員は何を思っているのか? 複数の隊員たちに直撃してみた!

◆隊員の半分は無関心!? 4割は「やる気なし」でイケイケ好戦派は1割!

自衛官が戦地に派遣される――今国会では集団的自衛権行使を含む安保法制の議論が紛糾している。

もし日本と密接な関係にある他国が、敵から直接武力攻撃を受けた場合、日本も協力して他国を守らなければならない。これが集団的自衛権だ。

安保関連法案が国会で承認されると自衛隊員も他国の戦闘への参加を求められることになる。そもそも憲法で戦争放棄を謳うわが国が他国の戦闘に加担していいものかどうか。その賛否は大きく分かれる。

だが、その議論に実際に戦地へ派遣される自衛官たちの声はほとんど聞こえてこない。彼らは安保法制の議論をどうみているのだろうか。今回、複数の自衛隊員に意見を聞くことができた。

「特にお話しすることはない。もし『行け』と言われれば淡々と行くだけ。仕事ですので……」

東京・市ヶ谷にある防衛省内、航空幕僚監部勤務の1佐は安保法制に揺れる隊内の“空気”についてこう話す。1佐によると、防衛省・自衛隊内部では大きく分けて3つの捉え方があるという。

ひとつは「無関心派」。他国の戦争への参加も、東日本大震災のサイパ(災害派遣)と同じく“仕事”として淡々とこなすという考え方だ。自衛官の半分近くがこれに属し、自身もそうだと1佐は言う。 

残り4割が、いざ有事の際には退職も辞さない「やる気なし派」、そして残り1割が戦場に率先して行きたがる好戦的な「イケイケ派」というのが1佐の見立てだ。

「そもそも自衛隊に入隊して長く勤める者は『体育会系・単細胞・負けず嫌い』という気質。上は防衛大学校卒の幹部から、下は高卒の兵隊までそう。難しい話は好まない。命令が出ればそれを実行する。その背景は関係ない」

とはいえ戦地に赴くとなると自衛官といえども人間だ。やはり思うところがあるのではないか。

「正直、他国の戦争に行けといわれて、『ハイ! 喜んで』とは言い難い。ただ私は18歳で防大に入学したときから“いざ有事”を決意している。でも、ほかの公務員と同じく安定した職と考えている隊員にとっては難しい選択になるのは確かだ」

では「難しい選択」を迫られる隊員はどうか。高校卒業後、数ある公務員試験に落ち、やっと陸上自衛隊に一般隊員として合格し、入隊したという3曹(34歳)は、他国の戦争への参加命令を「きっぱり拒む」と話す。

「自衛隊が戦争に行く? いいんじゃない? 俺が行かなければそれでいい。俺の周りにはそんなに張り切ってるヤツはいない。自衛官は勤務がキツくてもラクでも、同じ給料だぜ。だったらラクなほうを選ぶだろ」(第3師団・3曹)

自衛隊員は幹部(将校)、曹士(下士官兵)を問わず、皆、何がしかの専門職種を持つことを義務付けられている。陸自なら「普・機・特」と呼ばれる歩兵、戦車、大砲といった戦闘系のほか、会計、需品といった後方系の職種もある。先の3曹は職種選びの際、「有事の際、戦場に行かなくてもよい」「ラク」「退職後、民間企業でも通用するスキルが身につく仕事」を基準に後方系職種を選んだと明かす。

この3曹と同じ隊に勤務する女性隊員(2曹・28歳)も同調する。

「子供がまだ小さいうちに、『戦地へ行け』は非常識。ありえませんよ。もしそんな命令が来たら子供を盾に拒みます!」
 
女性2曹は続けてこう語る。

「ぶっちゃけ安倍総理の存在は私たち自衛官にとって困るんです。いっそのこと、共産党に政権を取ってもらいたいですね。日本でも外国でも戦争に行きたい人なんているわけがない。次の選挙では自民党には票は入れませんから!」

◆まずは韓国、次は中国! イケイケ派の過激思想

無関心派とやる気なし派が大勢を占めるなか、一方では安保法制に賛成で、権限拡大を歓迎する隊員ももちろんいる。

「我々は尖閣の防衛はもちろん、竹島、拉致被害者をすぐにでも奪還しに行きたい。今回の安保法制は、我々のこうした思いを安倍総理が酌んでくれたものと理解している」(厚木航空基地・2曹・29歳)

さらにもっとストレートに「まずは韓国、次は中国だ!」(1曹・特別警備隊・38歳)と言う隊員もいる。一方で、安保法制でむしろ国内マスコミを懲らしめたいという意見の持ち主も。

中学校を卒業後、海上自衛隊第1術科学校生徒部で学び、19歳の若さで下士官に任命された“生粋の職業軍人”の某艦隊司令部に勤務する曹長(51歳)が語る。

「安保法制で自衛隊のさらなる権限拡大を望みます。戦後、マスコミのせいで自衛隊というものがタブー視されてきた。結果、隊員たちが萎縮して何も話せなくなっている。我が国の安全保障を歪めるような報道は“安保”の名の下に統制すべき。安倍総理にしていただきたいのは報道の検閲です」

なんと、報道の検閲すら望む声はイケイケ好戦派の隊員たちに多く、「自衛官はマスコミを苦々しく思っている。今回の議論でも反日的な意見が多い! 本当の敵はマスコミなんです」(前出の1曹)というコメントもあった。
 
威勢のいい彼らだが、こうした隊員はごく少数派にすぎない。護衛艦で電信員長職を務める曹長(43)はこう苦言を呈する。

「自衛官は政治に関与せずが大原則だ。靖国の英霊がどうのこうのと言うのなら、まず目先の仕事をきちんとこなせ。隊内で『使えないヤツ』ほど、今回の安保法制に浮足立っている。若い隊員にもいるが、職務よりも先に愛国心だの尖閣だの、何か自衛隊がおかしな方向に向かっているように思えてならない。現役もそうだが、元自衛官でも1年も持たずに辞めたヤツに限って威勢がいい」

この曹長は、安保法制に賛成だが、イケイケ派とは一線を画す。

「自衛隊はこれまで国民から正しく評価されていなかった。災害派遣で車両ひとつ動かすにも法の制約があった。今回の安保法制は他国との協力を円滑にすることが目的。戦争参加云々は飛躍した話ではないでしょうか。もし私に行けと命じられれば職務命令です、従うのみ。今回の議論が国民に自衛隊のことを知っていただくきっかけになれば、それで構いません」

自衛隊が戦地に赴くような事態になった場合、イケイケ派ではなく、今回の議論に冷静な対応をする無関心派の隊員たちが本当に活躍してくれるのかもしれない。

取材・文/秋山謙一郎 鮎川麻里子 河鐘基(ピッチ・コミュニケーションズ)

ソース:日刊SPA
http://nikkan-spa.jp/878879  
 今日のおすすめ記事



7:2015/06/26(金) 21:10:30.52 ID:
タダ飯食ってんだから有事には特攻隊になるのが当たり前
11:2015/06/26(金) 21:11:34.80 ID:
何のために自衛隊に入ったの?
12:2015/06/26(金) 21:11:48.45 ID:
中国が攻め込んで本土決戦になるまで自衛隊は打って出るな
22:2015/06/26(金) 21:17:39.93 ID:
現実主義で実際に戦場に行く軍人が戦争を喜ぶわけがない。
35:2015/06/26(金) 21:21:37.98 ID:
共産党が党員を自衛隊に送り込んで内部で布教してんじゃないか?
48:2015/06/26(金) 21:33:14.90 ID:
共産党は自衛隊を解体するって公言してるけどな
クビ確実やで
54:2015/06/26(金) 21:34:51.55 ID:
何のために自衛隊に入ったんだよWWWWWWWWW
税金泥棒かよW
55:2015/06/26(金) 21:35:03.06 ID:
自衛隊入って何するつもりだったんだろ?
123:2015/06/27(土) 00:16:19.08 ID:
俺がいた頃の隊員の人間性考慮するにガチだと確信できる
前線行ったら無能上司殺すとか言う輩ばかりなのに
124:2015/06/27(土) 00:20:23.27 ID:
>>123
無いよw
大手や文春みたい有力なマスコミですら特殊部隊の情報は入手出来てないのに
こんな検索してもろくな記事が出てこない記者がどうやって取材できんの(´・ω・`)?
125:2015/06/27(土) 00:21:55.40 ID:
>>124
個人の意見欲しいならどうとでもなる
内部事情知ってる人間が指南すりゃすぐだ
127:2015/06/27(土) 00:26:05.53 ID:
>>125
ならねーよw
そんな簡単に取材できるなら軍事専門誌や有名誌にとっくの昔に情報提供されとるわアホ
128:2015/06/27(土) 00:27:19.61 ID:
>>127
なんでそう思うのか書いてみ
秘密教育あるからか?
人の口に戸は立てられねえんだよアホ
129:2015/06/27(土) 00:32:32.81 ID:
>>128
>人の口に戸は立てられねえんだよ
実際に立てられてるのだがw
中の人間に強力なコネクションを持つ記者やカメラマンですら取材無理だとしてるわ
130:2015/06/27(土) 00:35:22.70 ID:
教育課程でも一番たち悪いのがこういう軍事評論家みたいな馬鹿
その癖成績も下から数えたほうが早いっていうw
オレハグンタイニクワシインダー(エア軍人)
131:2015/06/27(土) 00:38:41.95 ID:
>>130
あのね自衛隊の部内用の写真を依頼されるカメラマンや、唯一だけアメリカで行う高度な戦闘訓練の取材を許された記者ですら取材は不可能だっつってるの
君はアメリカ陸軍のアグレッサーと陸自の戦いの情報すら見れん人間だろ  
157:2015/06/27(土) 02:04:32.68 ID:
おかしいな…うちの兄貴も自衛隊(意外と高位)なんだがそんなアンケート1つも聞かれたことないとボヤいていたぞ…
169:2015/06/27(土) 04:53:29.86 ID:
敵前逃亡は銃殺だぞ!

って重要だったんだな



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧

 関連記事

  

 安保法制、自衛隊員はどう思う「子供がいるんですよ、『戦場に行け』は非常識。次の政権は共産党で」
6033いつもの名無し:2015/07/01(水) 14:59:33 ID:ZRWgZAzw 
>もし日本と密接な関係にある他国が、敵から直接武力攻撃を受けた場合、
>日本も協力して他国を守らなければならない。これが集団的自衛権だ。

「守らなければならない」って、それじゃ「防衛義務」だw

集団的自衛権って、
「友好国が他所から攻められた時、
 助太刀に行っても他から文句言われない」って権利なんだが・・・

行く余力がないないなら、行かなくてもいいんだぞ。

6035名無し:2015/07/01(水) 16:27:45 ID:- 
集団的自衛権は国際法上、国家の権利であることに異論はない。
しかし、自衛隊募集するのにどれほど苦労しているかがよく理解されていない。
全国で募集に協力している涙ぐましい話をYahooで検索してみてくれな。たのむ。

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク