Top Page > 地方ニュース > 林真須美氏の犯行、あり得ない和歌山カレー事件 冤罪を生む科学鑑定に重大な疑義 現場の紙コップと林家のヒ素はまったく別物

Top

Down

林真須美氏の犯行、あり得ない和歌山カレー事件 冤罪を生む科学鑑定に重大な疑義 現場の紙コップと林家のヒ素はまったく別物

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

林真須美氏の犯行、あり得ない和歌山カレー事件 冤罪を生む科学鑑定に重大な疑義 現場の紙コップと林家のヒ素はまったく別物

カテゴリー: 地方ニュース
更新日時: 2015年04月20日

1:2015/04/19(日) 11:27:24.32 ID:
 
 
和歌山カレー事件に見る、科学鑑定への誤解が冤罪を生む構図

 以前に一連の原発問題の議論の中で、われわれの社会において「科学の民主化」と「民主の科学化」がいずれも大きく遅れている問題が指摘されたことがあった。

 「民主の科学化」については一般の市民が科学的な思考をする習慣が身についていないことを、「科学の民主化」では科学者が科学的に正しいことだけに目が行くことで、民主主義にとって何が正しいかの視点が欠けていることが問題になっていることを学んだ。
 そしてそれが、日本が原発問題で一つの方向性を打ち出すことを難しくしているのではないか、という論点だった。

 どうもその問題が司法の世界にも持ち込まれているようだ。そして、それは人を裁きその自由を奪ったり、場合によっては死刑という形で合法的に人の命を奪うこともあり得る司法の場では、取り返しが付かないほど重大な事態に発展しかねない危険性を孕んでいる。

 夏祭りの炊き出しのカレーに猛毒のヒ素が混入し、4人の死者と60人以上の怪我人を出した和歌山カレー事件で、既に死刑が確定している林真須美死刑囚の犯行を裏付ける唯一の物証となっていた科学鑑定の結果に今、重大な疑義が生じている。

 これまでこの番組では事件の捜査や裁判の問題点、林真須美氏の死刑判決の物証となった科学鑑定、いわゆる「中井鑑定」の妥当性の問題などを指摘し、最高裁判決が依拠している科学的な根拠が実は脆弱で、そもそも鑑定に示されている「異同識別」の結果が読み違えられている可能性があることを指摘してきた。

 今週のマル激では死刑判決の根拠となった科学鑑定に最初に異論を唱えた、京都大学大学院教授で蛍光X線分析の専門家の河合潤氏をスタジオに招き、科学鑑定と司法が抱える重大な問題を議論した。

 1998年7月に死者4人負傷者63人を出した和歌山カレー事件をめぐる林真須美氏の裁判は、2009年4月に最高裁が上告を退けたことで死刑が確定している。最高裁は判決の中で、カレー鍋に混入されたものと組成上の特徴を同じくする亜砒酸が林真須美氏の自宅から発見されたこと、林真須美氏の頭髪からも高濃度のヒ素が検出されていて、付着状況から林真須美氏が亜砒酸を取り扱っていたと推認できることなどを理由に、死刑判決を支持している。(続く)
 
 林真須美氏は黙秘を貫くなどして、一貫して犯行を否認していたが、自白や動機の解明が行われないまま、裁判では、犯行に使われたヒ素の流通経路や組成の同一性が、いわゆる中井鑑定によって裏付けられたことで、真須美氏の犯行であったと断定されている。中井鑑定はかつて真須美氏の夫・健治氏がシロアリ駆除業を営んでいたために林家に残っていたヒ素と、ヒ素をカレーに投げ入れるために使われたとされる、現場のゴミ袋から回収された紙コップに付着していたヒ素が、同一のものだったと結論づけたもので、林真須美氏が犯人だったと断定する上での決定的な証拠となった。

 しかし、京都大学大学院の河合潤教授が中井鑑定の中身を検証した結果、この裁判では中井鑑定に対する大きな誤解があることが判明した。中井鑑定は事件の関係先9箇所から採取したヒ素がいずれも同じ起源であることを示しただけで、それはその地域で流通するヒ素がほぼ同じドラム缶に入って中国から輸入されたものだったために、当然のことだった。

 中井鑑定はむしろ、林家から発見されたヒ素とカレーにヒ素を混入されるために使われた紙コップに付着していたヒ素とは、軽元素の不純物の含有量が一致しておらず、まったくの別物であることを示していた。しかも、林家のヒ素よりも紙コップに付着していたヒ素の方が、3倍から7倍も純度が高いものだったことから、林家にあったヒ素を発見された紙コップを使ってカレーに投入するというストーリーがあり得なかったことを、中井鑑定は示していたのだった。
 河合教授の指摘と、裁判で使われた中井鑑定を実施した東京理科大の中井泉教授の間では、その後、学会誌の誌上などで激しい論争となっている。一見、素人には難解な専門的な論争に見えるが、その中身を詳しく見て見ると、実は非常に初歩的な問題点が議論されていることが分かる。
 
 要するに中井教授は、検察から依頼された9つのサンプル中に含まれるヒ素の「異同識別」という鑑定嘱託書の意味を、ヒ素の起源が同一だったかどうかを鑑定して欲しいと依頼されたものと理解し、それを行ったまでだった。しかし、その起源が同一であることは、先述の通りむしろ当たり前の結果であり、それではまったく林真須美氏の犯行の裏付けにはならない。

 しかし、にもかかわらずマスコミはその鑑定結果を「林宅と紙コップのヒ素が一致」と大々的に報じ、特に化学などに特別な素養があるわけではない裁判所も事実上、その報道と同レベルの解釈によって、鑑定結果を林真須美犯人説の裏付けとしてしまったのだった。

 そして、河合教授が弁護側からの依頼で、単純に中井鑑定の結果を「林真須美氏が犯行を犯していない可能性」を裏付けるために再度検証した結果、不純物の組成などから、中井鑑定はむしろ真須美氏が犯行をしていないことを裏付けるデータを提供していたことがわかったのだという。

ビデオニュース・ドットコム
 今日のおすすめ記事



10:2015/04/19(日) 14:46:24.42 ID:
>>1
なんだよこの文章wwwwww
起源が同一なら絶対的証拠じゃん!
採取環境が違えば数値が変わるのは当たり前だろ!
12:2015/04/19(日) 15:16:47.75 ID:
>>10
3行だけ読んで

>中井鑑定はむしろ、林家から発見されたヒ素とカレーにヒ素を混入されるために使われた紙コップに付着していたヒ素とは、
>軽元素の不純物の含有量が一致しておらず、まったくの別物であることを示していた。
>しかも、林家のヒ素よりも紙コップに付着していたヒ素の方が、3倍から7倍も純度が高いものだったことから、
>林家にあったヒ素を発見された紙コップを使ってカレーに投入するというストーリーがあり得なかったことを、中井鑑定は示していたのだった。
14:2015/04/19(日) 15:31:47.08 ID:
>>12
この記事自体がどこまで信用してもよいものか・・・。
裁判で必要なのは、合理的な疑いを超える証明だから。
4:2015/04/19(日) 11:37:26.56 ID:
冤罪と言ってしまうのは簡単。
でも、だったら犯人誰よ。人が死んでんねんで。
5:2015/04/19(日) 11:37:41.51 ID:
>>軽元素の不純物の含有量が一致しておらず

結晶内の含有率なら分かるけど、紙コップの汚れで言われてもなぁ・・・
6:2015/04/19(日) 11:48:54.18 ID:
>一般の市民が科学的な思考をする習慣が身についていないことを、

そうかなあ
日本にいるエラ民族がの間違いじゃないの?
7:2015/04/19(日) 11:49:18.03 ID:
紙コップの汚れの方が林家にあったのより純度高いじゃんという話だろ
もっと脳をがんばって使え
8:2015/04/19(日) 11:52:40.43 ID:
裁判官も検事もほとんどが法学部出身、つまり文系畑の人間だからね
弁護士みてても理系の知識の乏しさに笑えてくる
11:2015/04/19(日) 15:00:25.73 ID:
同じ柄杓使ってサンプル採取してたやつだろ
真犯人がどうとかは置いといて証拠としては全く使えないものだったよな
15:2015/04/19(日) 15:33:47.37 ID:
SPring-8より高精度な大学院教授か。
パー子が液体で保管してたならこの記事も納得いくんだがね。
16:2015/04/19(日) 15:53:02.50 ID:
近隣にヒ素所有してる家がないかくらいは調べたんじゃないの
普通持ってねえよ
17:2015/04/19(日) 15:57:44.26 ID:
>>16
近隣とは関係なく、行きずりの犯行だったら?
20:2015/04/19(日) 16:10:36.45 ID:
>>17
ヒ素持ってうろついてたらカレー作ってたから入れてみましたって?
そんな偶然が重なる可能性は限り無く0に近いよね。
18:2015/04/19(日) 16:01:31.78 ID:
こいつが冤罪とか無理ありすぎだろ
亭主もヒ素の漬物にされてたし
19:2015/04/19(日) 16:08:54.67 ID:
殺された従業員のことも思い出してあげて
23:2015/04/19(日) 16:58:47.83 ID:
こいつが犯人だと思ってるが状況判断だけで死刑確定になったんだよな。
この先、冤罪を作りますって意思表示に感じられたんだよね。
違和感を感じるが犯人は林だと思うからあまり騒ぐ気にはなれない。
25:2015/04/19(日) 17:07:35.68 ID:
>>23
胡散臭い人物だが、有罪とするなら確固たる証拠が要る。

自白もなければ、動機の解明もない。
証拠が怪しいとなると、裁判は何だったのか?

どんな極悪人でも、公平な裁判を受ける権利がある。
29:2015/04/19(日) 17:38:07.68 ID:
>>25
そうだと思うから違和感がある。
でも擁護したいと思わないんだよね。

ただこの先、警察、検察は冤罪を作りやすくなった裁判結果だと感じてるよ。
24:2015/04/19(日) 17:06:58.29 ID:
早く無罪にしてやれよ。
こんなの被害者家族以外どうでもいい話。
26:2015/04/19(日) 17:22:52.96 ID:
もし証拠に少しでも疑う余地が出てきているのなら
この事件の捜査も裁判の審議も最初からやり直しだな。
科学捜査って言うのは根本の運用がちゃんとしてないと
冤罪が生まれる温床にしかならん。
裁判と法の原則は疑わしきは罰せず。だ。
27:2015/04/19(日) 17:25:53.06 ID:
一番怪しいのはスレタテ記者



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 林真須美氏の犯行、あり得ない和歌山カレー事件 冤罪を生む科学鑑定に重大な疑義 現場の紙コップと林家のヒ素はまったく別物
5694いつもの名無し:2015/04/20(月) 20:05:17 ID:- 
一昔前なら信じなかっただろうが、
最近は嘘の強姦被害で刑務所に入れられたって事件もあるから、
あってもおかしくないと思ったわ

5695いつもの名無し:2015/04/20(月) 20:09:40 ID:- 
カレーに入れる動機がよくわからんのだよね。
それまではそれなりに賢く悪事はたらいていた訳でしょ?
仮に疑われなかったとして、
近所の人間に毒盛って彼女に何かメリットがあったのか?



5696 :2015/04/20(月) 20:27:07 ID:- 
これ全員死なずになんともない人までいた

これは、入れる人は致死量は入れていない証拠
しかしカレーでヒ素が拡散せず、濃い所と無い所になってしまい
濃い所を食べた人が死んだ。
カレーつくりでもめた林被告が(今までバレタ事ないから)ヒ素を魔法の薬と思っていて。
嫌がらせに軽いヒ素中毒にしようとした。食べた人も医者もわからず食中毒扱いへ
来年から去年食中毒したからやめましたっていうシナリオを思ってやった説があるんだよね。

なぜか家族に食べるなと言ったりと怪しいを通り過ぎているんだよね。
冤罪派は「去年まで食べていたのに今年は食うな」と言っていたことも、
最初から殺す目的前提を主張したりと。都合の悪いのはするーしているけどね

「嫌がらせ目的で ヒ素をちょっと入れましたが、カレーだったので拡散せず
濃いのと薄いのができてしまい。結果殺すことになりました」で説明つくと思うよ。

5697いつもの名無し:2015/04/20(月) 20:59:06 ID:- 
仮に別人だとして、たまたまカレーパーティやってる住宅街にたまたま通りかかった悪意ある通行人が、たまたま持ってた特殊な毒物をたまたま人が居なくて隙があったからカレー鍋に混入するストーリーってなんなん?

5698いつもの名無し:2015/04/20(月) 21:23:08 ID:- 
真実は如何に

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク