Top Page > 国際ニュース > 求心力失う米国から中国にパワーシフト 基軸通貨も「人民元」に? 取り残された日米

Top

Down

求心力失う米国から中国にパワーシフト 基軸通貨も「人民元」に? 取り残された日米

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

求心力失う米国から中国にパワーシフト 基軸通貨も「人民元」に? 取り残された日米

カテゴリー: 国際ニュース
更新日時: 2015年04月20日

1:2015/04/19(日) 09:11:02.99 ID:
 
 
米国から中国にパワーシフト 基軸通貨も「人民元」に?

 世界の国々は今、中国が起こすインフラ・バブルの波に乗ろうと、国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加を表明している。取り残されたのは、強い拒否感を示すアメリカと、アメリカの顔色をうかがう日本。与党内から「日本は取り残される」といった懸念の声が上がっている。

 なぜ中国主導のAIIBになびくのか。

 各国の事情を垣間見ることができると言うのは、前「アジア開発銀行」(ADB)研究所長で東京大学公共政策大学院特任教授の河合正弘氏だ。

「ADB研究所などの試算によると、アジアでは10年から20年までの11年間で8.3兆ドル(約996兆円)ものインフラニーズが起こると予想しています。このうち世界銀行とADBがまかなっているのは1年間300億ドル(約3兆6千億円)程度。アジアでの膨大な需要に対して、世界銀行とADBだけでは支援が追いつかないのが現状なのです」

 さらに、世界銀行とADBが抱える事情もある。

 途上国にとっては、スピードこそ最も大事なポイントで、早く完成させるためには、資金がのどから手が出るほど欲しいのが実情。

 だが、世界銀行とADBは、環境や住民移転の影響評価など慎重に精査するのでインフラ建設を開始するまでに5年以上かかるケースもあるというのだ。

「これまで、援助を受ける側だった中国が経済的にも成長した。そこで新しく途上国を支援する金融機関を立ち上げ、途上国の受け皿にしようと考えたのです」(河合氏)

 その先には、ドルに代わって「人民元」を基軸通貨にしたいという思惑までもが見え隠れする。

 信州大学経済学部の真壁昭夫教授が言う。
 
「現在、国際的な取引・決済に使われる通貨『基軸通貨』はドルで、取引する際、為替の影響を受ける可能性があります。中国は今、4兆ドル近い外貨準備を保有しています。その規模は世界一。人民元は国際金融市場で他の通貨との交換に制約があるため、制限を緩和する狙いもあるのでしょう」

 アメリカと同盟国のイギリスは、ロンドンの金融市場では人民元で直接決済できるようにして、ビジネスを拡大させたいといった狙いがある。ドイツは中国への輸出を拡大することが目的。メルケル首相が05年就任以来、訪日は3回なのに対して、中国を8回も訪問している。
 


※週刊朝日  2015年4月24日号より抜粋 http://dot.asahi.com/news/politics/2015041500080.html

経済が減速しているとはいえ、中国のGDPは、あと10年もすれば、アメリカに追いつき追い越す。
それを見越して世界の各国が中国についていっているというのは、中国情勢に詳しい東短リサーチの加藤出チーフエコノミスト。

「現在、日本のGDPは世界第3位ですが、中国との差は開くばかりです。
IMFの予想を見ても19年にはその差は3倍になり、経済大国などと言っていられなくなります」

 インフラ・バブルの波に乗り、アベノミクス成長戦略を達成させるためにも、中国との関係を良好にする必要があると苦言を呈す。

 アメリカ国内からも、G7の4カ国がAIIBの創立メンバーに入ったことに危機感を抱く声が上がってきている。

「このままではアメリカは孤立する」と警鐘を鳴らすのは、アメリカのシンクタンク
「外交問題評議会」(CFR)上級研究員のスチュワート・M・パトリック氏だ。
国際関係の重力の中心、つまり「パワーシフト」が西から東に起きつつあるという。

「経済の影響力がアメリカから中国へシフトしていることを象徴しています。
オバマ政権は過去にも国連人権理事会のような不備のあった多国籍間組織に対して、
参加して内部から改善を推し進めるアプローチを取って成功しています。
今回は、それをしないで同盟国にAIIBへの不参加を要請しています。この戦略は短絡的でアメリカは孤立してしまいます」

 アメリカ以外の主要先進国がAIIBに参加を表明したことは、中国の経済影響力の高まりを反映しているだけではない。
オバマ政権のリーダーシップの欠如への不満が根底にあるとパトリック氏は斬る。

「10年にG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)で、途上国の融資額を倍にする、
また中国などの主要な新興国にも議決権を許諾するといったIMFの改革が合意されました。
ところが、5年たった今でも、これらの改革はアメリカ議会で引き延ばされたまま。
IMF改革が頓挫している状況で、アメリカがヨーロッパの同盟国にAIIBに参加するなという説得はできない」

 イギリスが実利を追求する行為は、アメリカを西軍と見たてると、
関ケ原の戦いで小早川秀秋が徳川方に寝返り、後に西軍が総崩れした姿を彷彿させる。

 国際社会でアメリカの一極体制が崩れ始めた今、日本は、アメリカ依存体質からの脱却が迫られている

以上
 今日のおすすめ記事



3:2015/04/19(日) 09:26:55.59 ID:
>中国のGDPは、あと10年もすれば、アメリカに追いつき追い越す。
アカヒ様、断定しちゃって大丈夫デスカ?
5:2015/04/19(日) 09:37:34.55 ID:
歴史上、世界規模の覇権国の交代が
戦争なしで起きたことは一度もない。
今度はどうなるか。
6:2015/04/19(日) 09:50:39.46 ID:
ごめんAIIBだけで基軸通貨がシフトするとかアホすぎて
7:2015/04/19(日) 10:03:00.94 ID:
リーマンショックで米英主導の経済体制が崩壊したが
中国もバブル崩壊するだろう
8:2015/04/19(日) 10:04:22.14 ID:
朝日読者はこんなんばっか読んでんだろうな
9:2015/04/19(日) 11:37:18.35 ID:
基軸通貨も「人民元」に<

無い無い

AⅡBの中国は経済悪化だし日米等の金をアテにして
なんとか盗ろうとしている。日米や非参加国を孤立だ機構に
乗り遅れたと言いながら機構は発車せずにチラチラ外を見てばかり
10:2015/04/19(日) 11:38:10.32 ID:
よし、日本の国連での拒否権とバーターだな
11:2015/04/19(日) 12:31:29.22 ID:
変動相場制を受け入れてない人民元ではキーカレンシーどころかハードカレンシーになる事すらあり得ないから
12:2015/04/19(日) 12:39:23.72 ID:
AIIBは機能しないだろう。
しかし南シナ海にある中国軍の基地はリアルだから。
カネ勘定で覇権を握れなきゃ軍事でとるだけ。
アメリカは軍事衝突から逃げまくっている。
むしろ古典的正攻法では中国に分がある。
最終的に億単位の死者を出す戦争などアメリカにできるはずが無い。
13:2015/04/19(日) 12:52:37.23 ID:
こういう風に受け取る奴って知能あるのかね。
どうみても追いつめられた中国が起死回生で行っているのがBRICS銀行やAIIBだろ。

・シャドーバンキング問題
・ホットマネー流出
・外資からの投資激減
・外貨準備激減

これらの前提で見れば明らかだ。
だいたい、人民元を基軸通貨にってギャグで言ってるのかと。
14:2015/04/19(日) 12:56:30.95 ID:
>>13
中国が追い込まれてるからこそ
ハードウェアの戦争へと向かっている。
このままでは中国共産党は座して死をまつだけ。
すぐ起きるかどうかは別として流れはそっちに行っている。
17:2015/04/19(日) 14:36:33.56 ID:
覇権国家ができそうになったらどうなるか

それを好まない国々が覇権国家を排除する形での経済協力体制を作ろうとするだろうな
一世紀遅れの帝国主義を行おうとする国の登場を良しとしない国が必ず登場するだけさ
18:2015/04/19(日) 14:52:20.08 ID:
>>17
それでも秦は中国を統一したね。
19:2015/04/19(日) 14:58:58.00 ID:
>>18
でも始皇帝の体制はすぐに崩壊したね

ここ1~2世紀だけで見ても、アメリカだけが特異なだけで
大抵の覇権主義国家は回りに潰されてる、ごくごく普通の出来事
22:2015/04/19(日) 15:35:36.61 ID:
>>19
1~2世紀もの間アメリカが特異っておかしいだろ。例外事象ではないと考えるべき。
23:2015/04/19(日) 15:53:47.94 ID:
>>22
「特異」の意味を調べておいで
21:2015/04/19(日) 15:07:38.12 ID:
何のために世界最強になるんだろうかという目的が欠ける仮定にはあまり意味は無い気もする
まあでも何があっても攻められないように、守る事について世界で最も長けた国になるだけなら別に誰も目くじら立てないだろうな

その最強という力を使っての圧力を掛けてくるようなら、覇権国家を目指そうとしていると相手側には思われるだろうから
色々な形で無力化を狙われ、また経済的にもハブにされる可能性は出てくるだろうな
24:2015/04/19(日) 16:05:27.44 ID:
中国がAIIBの資金を使ってアジア各地にゴーストタウンを建設する。
25:2015/04/19(日) 16:41:59.33 ID:
覇権主義大好きって告白してんのかな?
26:2015/04/19(日) 17:05:26.05 ID:
中国と仲良くって、なんだかんだで島と海洋資源の割譲が前提だろ
無理なものは無理
27:2015/04/19(日) 17:29:44.96 ID:
人民元で融資をばらまいて米ドルで回収するマジック



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 求心力失う米国から中国にパワーシフト 基軸通貨も「人民元」に? 取り残された日米
5690いつもの名無し:2015/04/20(月) 14:29:16 ID:- 
逆だろ。人民元の拡大が限界になってきてるからAIIBを打開策として打ち立てたんだけど、日本が参加しないから資金難で失敗しそうなんだろ。

朝日新聞はマジで廃刊したほうがいい。

5691nanasi:2015/04/20(月) 15:05:16 ID:- 
食糧自給率が落ちて、水資源が枯渇して、環境汚染とカントリーリスク、効率の悪さを考えたら中国が今後、アメリカを抜くとは思えないね。

5692いつもの名無し:2015/04/20(月) 15:11:05 ID:- 
ねーよ。
ここまでウソばっか書く奴は逮捕しちゃえよ。

5693いつもの名無し:2015/04/20(月) 18:16:10 ID:b5.M5V.g 
ここまでサヨが加盟しろシロ大騒ぎするのが、かえって不審だ。
つまり中共は、日本が加盟しないことが想定外だったのかと。
となれば、連中はどんな根拠があって日本は加盟すると踏んでいたのだろう?

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク