Top Page > 生活・医療・健康 > 田舎暮らしの“影の部分”地方移住に失敗した人たちが語る

Top

Down

田舎暮らしの“影の部分”地方移住に失敗した人たちが語る

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

田舎暮らしの“影の部分”地方移住に失敗した人たちが語る

カテゴリー: 生活・医療・健康
更新日時: 2015年04月04日

1:2015/04/03(金) 16:12:34.52 ID:
 
 
地方移住に失敗した人たちが語る、田舎暮らしの“影の部分”
2015年4月3日 週プレNEWS

ここ最近、都会での暮らしに見切りをつけて、田舎で第二の人生を始める人が増えているらしい――。

とはいえ、誰もが地方へ行けば平穏が約束されるわけではない。“田舎の掟”を知らなかったために地元になじむことができず、逆にストレスを抱えて出戻り…なんていう例も少なくないのだ。ここでは、そんな地方移住の“影”の部分をクローズアップする。

まずは、東京都X区から福島県Y町へ移住したAさん(24歳・男性・フリーター)。「行けば仕事ぐらいあるはず」という甘い認識が招いた“悲劇”の日々とは…。

* * *

都内の大学を卒業後、2年間で3社ほど離転職を繰り返し、会社員という生き方が窮屈に思えてフリーターになりました。当時は実家で悶々(もんもん)とした生活を送ってましたね。

そんなある日、福島のある村を舞台にしたドキュメント番組を見たんです。都会から村に移住した大勢の若者が地元の人と一緒に村おこしに携わる姿は楽しそうで、「これだ!」と思いましたね。放射線量が低かったことも移住の決め手となりました。

翌週、村に入ると、NPOの人に安いシェアハウスを紹介してもらえました。ただ、仕事はない。村にはハローワークもありません。ネットで求人検索しても「農作業」しかヒットせず…。

先輩移住者は皆、有名大卒でそれぞれNPOを運営したり、農産品のネット通販をやったりと賢い仕事をされていたのですが、学歴コンプレックスからか、うまく絡めませんでした。

移住して1ヵ月、貯金が底を突きかけていたある日、村役場が地域おこし協力隊を募集していることを知り、その募集要項には「地域活性化補助事業・月収15万円」とある。役場に速攻で連絡、後日面接を受けて内定をもらいました。

村おこし頑張るぞ、と勇んで役場に向かった勤務初日、上司に「とりあえず田畑の草刈りを」と指示されました。午後は村外の芸術家向けに貸し出している小学校の廃校舎の清掃業務。それが終わると子供向けのグリーンツーリズムに駆り出され、森で遊んで汚れた玩具の水洗いを延々と…。思い描いていた村おこしのイメージとはかけ離れた、雑用とも呼べない仕事が毎日続き、正直ウンザリしていたんです。

腐りかけていた頃、「新しい仕事をやる」と、今度は村のゆるキャラの着ぐるみを渡されて。それから1ヵ月後の真夏の炎天下、その日もゆるキャラに扮(ふん)してスーパーの入り口横にポツンと立っていました。ゆるキャラの正体が私だということはすでに知れ渡っていて、買い物帰りのじいさんにこう言われたんです。

「地域おこしというけど、ソレ、意味あんの? あんた、税金で食べてるんだよね」

もう、心をへし折られましたね。3日後、東京の実家に帰りました。
 
■田舎暮らしの特殊なルール

次に、京都府P市から長野県Q村へ移住したBさん(29歳・男性・営業マン)のケース。“癒やし”を求めて移住するも田舎特有の閉塞感から人間不信になってしまったという…。

* * *

僕が移住したのは長野県の山村。観光で一度訪れたことがあって、雄大な山岳風景や美しい棚田など日本の原風景を残すこの村にひと目ぼれし、移住を決断しました。

冬はスキー場、それ以外は土建業や林業で食いぶちを得ていたんですが、田舎暮らしの理想と現実のギャップは受け入れ難いものでした…。

まず田舎は出費が多い。例えば、冬場の光熱費は月数万円。零下の環境では家の水道管の中にたまった水が凍るので留守中も常時、ストーブをつけっぱなしにしなきゃいけないんです。加えて、ムダに回数が多い集金。月4千円の集会費に青少年育成会費、体育協会費、交通安全協会費…と何かと持っていかれ、低収入な僕には地味ながらきつい負担でした。

村じゃ60代までは若者扱いで、80過ぎのじいさんも現役バリバリの農家。年寄りがみんな元気すぎるんです。毎晩誘われる酒盛りは身体的にきつかったですね。

また、家の鍵は基本、開けっ放しだからプライバシーがなく、仕事後に帰宅したら勝手に洗濯物が取り込まれていたり、掃除されていたり、エロ本の置き場所が変わっていたり…。

正直、これもストレスに感じてたんですが、田舎暮らしを断念する決定的なきっかけになったのが、2年目の春に実施された村役場の職員採用試験に合格してしまったことですね。

役場といえば、最も安定的な収入が得られる村一番の大企業であり、村を出た若者がUターンできる唯一の仕事。何年かに1名という、その採用枠をよそ者の私が奪ってしまったことで、役場の同僚や一部の村民から拒絶されるようになったんです。

あいさつをしても返事がなかったり、「あのコ、京都で借金をつくって村に逃げてきた」とか「女癖が悪い」とか根も葉もない噂まで広められて…。

私の悩みを優しく聞いてくれていた人も、地区の役員が集まる集会の場では「コイツ、この村から出ていきたいらしい」なんて平気で裏切るし、もう人間不信に陥りましたよ。

そのうち酒盛りにも誘われなくなって村で孤立し、役場も退職。京都に戻らざるを得ない状況となりました。二度と田舎暮らしをしようなんて思いません。(構成/興山英雄)

http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/03/45910/
 今日のおすすめ記事



2:2015/04/03(金) 16:12:40.68 ID:
>>1より

32:2015/04/04(土) 00:01:49.16 ID:
>>1
しょうもない愚痴やなってのが率直な印象。
「ノックくらいしろよババァ!」の歳でもないだろう。
何か言われるたびに凹んでたらいったいどんな仕事なら出来るのさ。
仕事はおまえの接待じゃねえし、楽しませるものでもねえよ。
4:2015/04/03(金) 16:34:20.33 ID:
5:2015/04/03(金) 16:37:12.98 ID:
中途半端な田舎じゃダメ
6:2015/04/03(金) 16:38:15.46 ID:
学歴コンプで農作業と税金以外の唯一の仕事にチャレンジしない時点で終わっとるな
結局は自分で農業好きか仕事作れる人かそれについていくしかないんだよ
7:2015/04/03(金) 16:47:18.04 ID:
自治会・町内会・消防団なんかにさえ加入しなければ田舎暮らしは楽しくやってけるよ
嫌になって出て行く人らはみんな町内会とかが原因だし
8:2015/04/03(金) 17:53:08.82 ID:
自治会はあかんね
うちのあたりはあれもこれもと事業をやりたがる役人のお手盛りくさい上部組織が金の流れの上流にいるんだよね
昔から市内の別のところに住んでる知人があそこはあかんわというような場所にうっかり家地所買ってしまった
9:2015/04/03(金) 19:01:11.83 ID:
最初の人の場合は能力不足だろう
地域を変えるための特別なスキルが何も無かった
自分で何かをやっていかなければならなかった

二番目の人の場合、能力的には問題ないんだろうがな
村の人は応援的に捉えているけど、本人は本格的な移住のつもり
それが浸透しきれていなかったんだろ

東日本大震災の被災地では県外から来たボランティアの大学生が
地域出身者の進学先のレベルが相対的に低いことに気づいて、公務員試験受けて
公務員になるパターン何件かあったな
美談みたいに地元紙には書かれていたけど
10:2015/04/03(金) 19:06:04.77 ID:
なにもしなくても身の回りのいろんなことが維持できてると思ってるんだな
都会は人が多いから誰かがやってくれてるだけなのに
11:2015/04/03(金) 19:10:03.10 ID:
最初の奴はクズだな。
下積みを嫌がって目立つ仕事だけを要求する奴は何の仕事でも成功しないし、
周囲から憎まれるだけ。
13:2015/04/03(金) 19:25:15.92 ID:
>>11
お前は地域おこしに協力するためにスーパーの前に着ぐるみ来て立ってろよ
そして税金泥棒と言われても笑っていろ
12:2015/04/03(金) 19:20:09.05 ID:
最初の人は仕事がなかったという現実、ふつうちゃんと調べるだろうにアホなのかと
爺さんが田舎の人代表ではないが、田舎には弱っている人を叩くのが好きな人がいるのは事実
でかい声で相手を威嚇するぐらいの奴じゃないとなめられる、老人になってもまるで公立中学の世界、それが田舎

水道管は対策できるはずだけどなあ、集会費4000円は多いな、その時点でちょっときついね
交通安全協会費って警察が免許更新の時にしつこく言ってくるものじゃなかったっけな
村役場に就職したから嫌われた? でもそんなのだったらそもそも採用されないだろうに
何かの争いに巻き込まれたかしたのかね
19:2015/04/03(金) 22:13:25.31 ID:
>>12
水道は元栓締めて、水抜きが基本だよな
そのためにストーブつけっぱなんて作り話みたいだ
14:2015/04/03(金) 20:40:14.50 ID:
田舎は、地域の住民と密着した付き合いをしようとしない者は、基本的に住めないところ。
(経済的基盤があって、偏屈・変わり者と思われても一向に構わない…というなら別だが。)

田舎に移住したら、今までの都会暮らしでできなかったことが何でもやれる…というのは、幻想に過ぎない。
田舎に移住したら、まず真っ先に気にするべきは「他人の目」。(以下ry
15:2015/04/03(金) 21:11:58.09 ID:
自治会の歓迎会に引っ張りだされ家族皆んなの

年間休日スケジュールを決められてしまう

田舎暮らしは大変だよ
  

  
16:2015/04/03(金) 21:28:02.76 ID:
なんていうかな、ドのつく田舎ってのは、地域の共同体意識が強くても仕方がないところがあるんだ
ほとんど他所から人が来ないわけだから、そこにいるのは子供のころから知ってる顔ばかり
そういうところに引っ越して孤立しないほうがおかしい、ちゃんと友達をつくらないといけない

俺の友達ですごくまじめで奥手な奴が、仕事の関係でド田舎ぐらしをしているが
近所の人と一緒に遠方の街に風俗に繰り出すおっさんになってた
18:2015/04/03(金) 21:37:35.47 ID:
ド田舎はもうそこに住む時点で誰でもが覚悟するものだ。後は耐えられるかどうか。
だから別に語ることもない。個人の資質の問題に過ぎない。

語るべきは中途半端な田舎。大学もなく、隣の都会に出かけるのに車で一時間かかる場所じゃないか。
22:2015/04/03(金) 22:48:34.10 ID:
>>18
>語るべきは中途半端な田舎。大学もなく、隣の都会に出かけるのに車で一時間かかる場所じゃないか。

その程度の田舎なら東京の郊外と変わらんよ別に
今、結構過疎過疎言われてる場所に住んでるけど
元記事みたいに村八分がどうのこうのとか、留守中に勝手に人が入ってるとかないない
多少近所に挨拶すればいいかな程度
職場もその車で1時間の都会で働くだけだし
20:2015/04/03(金) 22:28:28.48 ID:
田舎は出身者やその子や孫たちが戻るべき場所であってよそ者が入り込むとこじゃないよ
21:2015/04/03(金) 22:43:13.77 ID:
視野の広い人が田舎美談を信じちゃダメだよ。
ここでいう視野の広さとは、Fランク四大卒レベルのこと。大学出たら田舎に住んじゃだめ。

田舎は、その村のこと以外何も知らず、自分の仕事以外何も知らない、知ろうしない、広い見聞に興味がない、
あるいは知識情報として時事や国際を知っていても、それは自分の日常とは関係ないテレビの向こうの世界の話でしかないと思っている、
そういう人が一生を平穏に、ここは最高だと思って暮らせる。
23:2015/04/03(金) 22:49:45.67 ID:
都会と田舎の大きな誤解に、都会=東京、田舎=地方だと思われていることがある。

違う。田舎=地元、都会=よそ、だ。

東京生まれ東京育ちにも駅前商店街という愛すべき田舎があり、そこは落ち着きの場所である。

農村生まれ農村育ちの人も、ひとたび峠を越えた別の集落に移住することになったら、
そこは顔も名前も知らない冷たい人ばかりの恐ろしいところであり、
その人もまた、どこの馬の骨かわからない「都会からやってきた怪しい人」として扱われる。
25:2015/04/03(金) 22:54:43.01 ID:
>>23
農村育ちの人が峠を越えて移住したら「隣村の人」だよw
24:2015/04/03(金) 22:54:35.13 ID:
首都圏なら東京より埼玉だな、よそ者がどうのこうのとグダグダ言うのは
埼玉なんて東京のベッドタウンぐらいしか存在感ないのに
やたら東京モンと区別したがる。自分らは遊びに行くとき池袋あたりにたまるくせに
26:2015/04/03(金) 23:01:57.36 ID:
>>Aさん(24歳・男性・フリーター)「行けば仕事ぐらいあるはず」

どうして,駄目な感じの人を例にするかな。。。。
27:2015/04/03(金) 23:04:20.31 ID:
それで大量殺戮に繋がっていくわけか
28:2015/04/03(金) 23:05:33.88 ID:
ていうか、リサーチしてろくな仕事がないのが分かってるから
まともな社会人は移住しないわけでね
一財産築いたリタイア組とかは別にしても
29:2015/04/03(金) 23:08:26.26 ID:
ちょっと前の川崎国はこんなもんだった
付き合いは面倒くさいし男は酒盛りばっかして女が苦労してる
30:2015/04/03(金) 23:23:20.07 ID:
よほど自治体が力いれてないかぎり無理。
力入れてるってのは住民が心底新規の住人望んでるかどうか。

これ何度も書くけど
地方過疎地域に移住して地元の女性と結婚して
子供が生まれてその子が結婚して孫が生まれても
地域内での呼び名は「よそもの」。
31:2015/04/03(金) 23:38:08.74 ID:
岡山に来いよ
岡山はいいぞ
気候は温暖、災害少なし、風光明媚、魚は旨いし、果物もいいよ
晴れの国と言って晴れの日が多いから明るくて気分もいいよ



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 田舎暮らしの“影の部分”地方移住に失敗した人たちが語る
コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク