Top Page > 中国ニュース > 習政権厳戒!軍事クーデター情報 大粛清に募る不満「成都軍区」大警戒 ウイグル族「不穏な動き」ISとの連携も

Top

Down

習政権厳戒!軍事クーデター情報 大粛清に募る不満「成都軍区」大警戒 ウイグル族「不穏な動き」ISとの連携も

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

習政権厳戒!軍事クーデター情報 大粛清に募る不満「成都軍区」大警戒 ウイグル族「不穏な動き」ISとの連携も

カテゴリー: 中国ニュース
更新日時: 2015年03月25日

1:2015/03/21(土) 17:12:52.54 ID:
 
 
全国人民代表大会(全人代)が閉幕した中国に暗雲が垂れ込めている。「虎もハエもたたく」として腐敗官僚の排除を推し進める習近平国家主席が独裁体制を固めつつあるなか、不満分子によるクーデターの可能性がささやかれているのだ。専門家は、極度の締め付けによって不満を募らせる軍部の暴発を懸念。元最高幹部の周永康氏の失脚によって後ろ盾を失った「四川閥」の残党や、弾圧に苦しむ少数民族のウイグル族にも「不穏な動きがみられる」(専門家)という。

「法の整備により反腐敗を継続するとともに、官僚のサボタージュに反対する」

全人代閉幕直後の15日、北京で記者会見した李克強首相はこう述べ、反腐敗運動を継続する方針を明らかにした。

この言葉の通り、中国当局は12日、昨年1年間に収賄や横領などで立件した汚職官僚が前年比7・4%増の5万5101人に上ったと発表。摘発された汚職官僚の中には、江沢民元国家主席率いる「上海閥」の大物である周氏や、同じ派閥に属していた軍制服組元トップ級で病死した徐才厚氏も含まれていた。

中国湖北省の人民検察院(地検)は19日、収賄と職権乱用などの罪で、周氏の元側近である党幹部2人も相次ぎ起訴。公判では、汚職事件への周氏の関与が明らかにされるかが注目されており、習政権による上海閥への包囲網が狭まっていることを改めて示した格好だ。

習政権は、上海閥のみならず、「団(共青団)派」の胡錦濤前国家主席の側近である令計画氏も粛清の対象にしており、その勢いはとどまるところを知らない。

ただ、急進的な改革は中国共産党内に大きな亀裂も生んでいる。

中国情勢に精通する評論家の宮崎正弘氏は「習氏が特に綱紀粛正に力を入れていた軍部が、不満をためている。習氏の一声で、ぜいたく禁止令が出され、宴会もできなくなった。これまで黙認されてきた買春も厳しく取り締まられるようになり、兵士の鬱屈は最高潮に達し、クーデターが起きてもおかしくない情勢だ」と指摘する。

軍部内に広がる反発ムードに危機感を募らせた習氏は、不測の事態に備えて身辺を固める動きをみせている。習氏が、昨年末から中国各地を統括する七大軍区の1つで、首都・北京一帯を防衛する「北京軍区」の軍幹部のクビを次々にすげ替えたのもその表れだ。

「新たな北京軍区司令官に南京軍区副司令官を務めた宋普選氏を抜擢(ばってき)し、中南海の警護に当たる武装警察の司令官にはやはり南京軍区出身の王寧氏を据えた。2人とも習氏の信任が厚い。親衛隊のようなものを作って防御を固めたのは、軍事クーデターに備えるためだとみていい」(情報筋)

そんななか、とりわけ習氏が警戒するのは、七大軍区の中で、四川省や雲南省を統括する「成都軍区」とされる。同区で権勢をふるったのは、ともに習氏によって失脚させられた周氏と薄煕来・元重慶市党委書記を輩出した「四川閥」。反腐敗運動によって、強力な後ろ盾を失った派閥残党の軍幹部らは、習氏に強い敵愾(てきがい)心を抱いているという。

「現在、軍部内には、胡氏と近い団派の范長竜、許基亮両氏が軍事委員会副主席の地位に就き、習氏の独裁体制ににらみを利かせている。可能性としては低いが、習氏の独裁がこれ以上に強化されれば、対抗措置として、彼ら団派と四川閥が組む可能性も否定できない」とし、続ける。

「新疆ウイグル自治区のウイグル族による暴動やテロ活動も止む気配がない。一部過激派には、イスラム教スンニ派過激組織『イスラム国』との連携も指摘されており、これ以上テロの規模が広がれば、現在の警備体制で対応できるかは不透明だ。習氏は新たな派閥作りを画策しているが、利害関係だけで結びつく紐帯はもろい。小さな綻(ほころ)びから政権基盤が一気に崩壊することもあり得る」

「赤い帝国」の血みどろの覇権争いは、さらに激化しそうな様相を呈している。


3:2015/03/21(土) 17:20:10.08 ID:
莫大な軍事予算で反乱軍を育てていたのか
4:2015/03/21(土) 17:20:32.08 ID:
現代版の春秋戦国時代到来か?
楽しみにしてるW
8:2015/03/21(土) 17:51:32.30 ID:
所詮、軍閥
9:2015/03/21(土) 17:53:12.97 ID:
負けたら、家族まで虐族の汚名を着せられて消される。
中国って、むかーしからずっとその繰り返しだなあ
10:2015/03/21(土) 17:55:41.56 ID:
そもそも賄賂とか弾圧で成り立ってる国のそいつ等全部をしょっぴ―たらどう
なるか馬鹿でも分かることだはな。だから多くの人間は時間の問題だと思って
る。その後、軍が利権の大半を手にいれる。そしてそのアホが戦争をはじめる。
そのとばっちりで被害を被るのは日本なんだよ、だから安保体制を整え防衛
を確かなものにしておかなければならないのだ。

護憲派とか九条の盲目的信者たちはこのことを全く理解出来ない集団
なんだよ。
11:2015/03/21(土) 17:57:10.16 ID:
キンペイの政党からは逮捕者が出てないし
キンペイが憎しの不満分子も多いだろう
金持ちは中国から脱出してんだろ
12:2015/03/21(土) 17:59:59.82 ID:
いよいよはじまるのか
13:2015/03/21(土) 18:01:27.96 ID:
それは大変やな。中国が心配だ(ハナホジ)
16:2015/03/21(土) 18:22:19.00 ID:
ウイグルと手を結んだISには大儀を感じてしまうま
21:2015/03/21(土) 22:53:09.31 ID:
後中国に必要なのは、英雄だけだな。英雄が現れたら、群雄割拠の時代が来るよ。
22:2015/03/21(土) 23:05:15.12 ID:
稀代の乱世の奸雄が出てくるかですな。
誰か今董卓、習近平を討つものはいないか?
劉備・孫権は誰か?

習のバックボーンだった蜜月関係の太子党と上海閥の離反は
利権争いから始まった。バブル崩壊で国内のパイが縮小し、
取り合いになってきている。

太子党から曹操が、上海閥から孫権が、習の正当なる後継を
名乗る可能性がある。劉備は成都軍からか?
さあ、中原の覇を競う英傑達よ。スタンドアップ!!!
世界の列強はそれぞれ誰を擁立するかだな。
24:2015/03/21(土) 23:32:04.91 ID:
中国の「革命」はまず民衆の怒りの反乱から常にはじまる。
三国志では「黄巾の乱」、近代では「太平天国の乱」だ。

天安門事件や香港の学生運動レベルではだめ。民衆農民や
大宗教団体による数十万単位の反乱暴動が必要だ。
ただ前回の官製反日尖閣暴動の際に、中共はこれをコント
ロールがしきれずエスカレードさせすぎてしまった。
イスラム系民族問題暴動や官制反日暴動が政府の手から離
れてこの「始まりの大反乱」にならないという保証はない。

日本も靖国参拝や尖閣上陸国有化で、適度な刺激を与えて
助成する必要がでてくるかもしれない。
26:2015/03/22(日) 10:44:43.35 ID:
満州国/清国の復活は近いな。
大清国属高麗国旗を振り回しているトンスラーにとっては本当の宗主国様だ。
大清皇帝功徳碑と迎恩門を再建して容赦無く冊封体制を敷いてくれるだろう。
30:2015/03/22(日) 17:33:04.52 ID:
共産党独裁、非民主主義じゃあ金持っただけの未開国としか見られないわな。
32:2015/03/22(日) 17:44:14.13 ID:
実際は軍閥の果てなき虐殺の連鎖だろ。地獄の窯が開くぞ。
35:2015/03/22(日) 19:20:22.79 ID:
何もクーデターとか起きないで、ずーっとウイグルイジメが続く気がする
36:2015/03/22(日) 19:51:33.06 ID:
現状はムチばかりだが、そのうち
アメも使うようになるから、事態は急速に解決する。
37:2015/03/22(日) 21:13:30.13 ID:
チベットとウイグルについて
何も言わない

 ①アグネス
 ②9条の会
 ③マスゴミ
 ④国連

全く
情けない
40:2015/03/23(月) 18:44:15.66 ID:
成都軍区より瀋陽軍区に気を付けろ。
41:2015/03/24(火) 18:40:38.98 ID:
中国と戦争ならIS支持するぞ
42:2015/03/24(火) 18:53:09.83 ID:
ありえない。中国は律令政治の親分でっせ w
43:2015/03/24(火) 19:04:49.65 ID:
>>42
その前に、何度も滅亡・建国の王朝を繰り返した残虐中華国家でもある。
前の王朝を滅亡させた新王朝は、前王朝の歴史を抹消して、新王朝に有利な歴史を作り直す。

つまり、中共が今、南京ねつ造事件などを工作している姿は、
そのまま、中華四千年の歴史そのもの。



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今日の注目記事一覧


 関連記事

  

 習政権厳戒!軍事クーデター情報 大粛清に募る不満「成都軍区」大警戒 ウイグル族「不穏な動き」ISとの連携も
5432名無しさん:2015/03/25(水) 11:42:47 ID:- 
各軍管区に配備されている第二砲兵の制圧に成功
またはその懐柔の目算が立ってからが本番
逆に言うと核の確保が出来ない限り中央を打倒できない
党幹部に名を連ねている立場であれば
国内の核が本当はどこに向けられているかわかっているはずだし
それによって地方を支配できていた事も知っているはず

5433ボロロン名無しさん:2015/03/25(水) 12:16:21 ID:- 
習近平はスターリンの再来。

5434いつもの名無し:2015/03/25(水) 13:08:24 ID:- 
中共はISISを支援している。それはウイグル対策でもあるし、ビジネスでもある。
なので、ウイグルへの支援があるとすれば、ISISとは別のグループ。
中共の崩壊というか、クーデターは簡単に起きないだろうが、キンペー暗殺ならありえるし、
反キンペーにとって現実的な解決方法だろうね。

コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

人気記事ランキング


メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-





アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ


月間アーカイブ
カテゴリ
スポンサーリンク