Top Page > 中国ニュース > 2000年以上昔の弩が出土 ほぼ原型をとどめ、保存状態は最高-兵馬俑坑【中国】

Top

Down

2000年以上昔の弩が出土 ほぼ原型をとどめ、保存状態は最高-兵馬俑坑【中国】

様々なジャンルより、最近気になった情報をお届けします。
新着ヘッドライン

2000年以上昔の弩が出土 ほぼ原型をとどめ、保存状態は最高-兵馬俑坑【中国】

カテゴリー: 中国ニュース
更新日時: 2015年03月23日

1:2015/03/21(土) 23:34:00.90 ID:
「人民網日本語版」2015年3月20日
http://japanese.cri.cn/881/2015/03/20/161s233899.htm

2000年以上前の戦国時代、弩は最先端の武器だった。始皇帝の兵馬俑坑の発掘調査でも、100以上の弩が見つかっている。しかし、このほど出土した弩は、保存状態が最高のものだ。

 兵馬俑1号坑の第3回発掘調査チームを率いた申茂盛氏は取材に対し、「今回発見された弩は陶俑が身につけていたもので、この陶俑が使用するためのものだったはずだ。これまでに100以上の弩が見つかっているが、これは保存状態が最高で、弦や本体の部分の輪郭が鮮明だ。弦の材料は、動物の筋だったと推測できる。本体は青銅製で、現時点ではまだ土の中に埋まっており、整理を終えていない」と話した。

 専門家によると、弩は古代に発明され、戦国時代になると武器として広く活用された。当時の弩の射程距離はどれほどだったのだろうか?兵馬俑博物館元館長、「兵馬俑の父」と呼ばれる袁仲一氏は記者に対して、「強弩の射程距離は最長700~800メートルに達し、旧ソ連のAK-47自動小銃の約400メートルという有効射程の2倍だ。弱弩の有効射程は、約100メートルが一般的だ。兵馬俑で出土した弩がどちらの弩に属するのかは、まだ明らかになっていない」と述べた。

 考古学者は出土した弩に基づき、当時の様子をうかがい知ることのできる復元図を作成した。発掘調査チームは今後、弩の整理を継続する。(編集YF)

画像

 今日のおすすめ記事



313:2015/03/22(日) 07:24:55.54 ID:
>>1
有効射程と最大射程を使い分けて
さも凄かったかのように思わせる
印象操作するな
326:2015/03/22(日) 08:26:49.47 ID:
>>1
うーん…青銅の本体なら二千年残っても不思議じゃない気はするけど
動物の筋でできた弦まで二千年残っているのは変に感じるなぁ
って自分の見間違いかな

まさかとは思うけど偽造古墳とかの偽造品だったりしないよね?
331:2015/03/22(日) 09:06:28.42 ID:
>>326
青銅製の本体って人形の方だろ、写真にも足写ってるし。
保存状態良好と言っても、かなり朽ちてるな…しゃあないとは思うけど。
弦も輪郭って書いてあるから、そのものはカスみたいのしか残ってないんじゃない。
60:2015/03/22(日) 00:03:51.46 ID:
日本に無かったというのが不思議
投石器も無いし

個人の技術に依らない大型兵器を邪道と考えたのか
単に技術や材料がなかったのか
79:2015/03/22(日) 00:13:41.65 ID:
>>60
弩は生産技術と需要が日本側になかった(武士は弓やってたしそれで充分)。
投石器はそれに加えて日本の地形だと移動に手間かかって使いにくい
という欠点があった。
ただ、弩は中国周辺の部族にも伝わってないから、意外と当時の中国が
生産技術が外に出るのを規制してたのかもな。
80:2015/03/22(日) 00:13:50.21 ID:
>>60
弩を作るにはある程度の工業力や商業力が必要で国家が安定してる必要がある
日本も古代では弩作ってたし
あと徴兵された兵でもブッパで使える
武士の世になって勢力が小さくなり、専門の戦闘集団の台頭とかそういうとこなんじゃねーの
中国は騎馬異民族対策もあって、弩マンセーになったのもあると思う
ヨーロッパだとイタリアの金持ち都市国家が弩兵とか組織してたな
88:2015/03/22(日) 00:22:39.20 ID:
>>60
投石機は日本みたいに山あり谷あり道の狭い地形でまともに運用できるもんじゃない
97:2015/03/22(日) 00:29:10.13 ID:
>>88
スリングは、日本では石もっこと呼ばれ
戦闘でもけっこう用いられていた
集落同士の争いなど、弓を使えない庶民同士の戦いなどでは
よく用いられていたよ
カタパルトが用いられることが少なかったのは、どうかね。
中国から、その手法の戦法が伝わってなかったとは思わないが
当時は野戦が中心だったってのが多いだろう。

大阪冬の陣では、カタパルトはともかく
大砲などが用いられていたし
築城技術が高まり、強固な城が作られると
大砲のような高度な攻城兵器が用いられたみたいだし
252:2015/03/22(日) 03:38:29.59 ID:
>>88
じゃあ山あり谷ありの地形に合った機械を作ればいいだけだがしてない
日本人は機械物の創作は不得意なんだよ
254:2015/03/22(日) 03:40:32.73 ID:
>>252
戦国時代、大量の火縄銃作ったのだが
蒸気船も幕末に作ってるし
83:2015/03/22(日) 00:15:22.99 ID:
現在の自動小銃は四百メートルくらいの銃撃戦を想定している
理由は簡単、歩兵同士の銃撃戦は、現在ではそれ以上の距離で起こることは滅多にないからだ。
400メートルの有効射程距離もあれば充分って事でね

弩、つまりクロスボウだが
これも飛距離は700メートルかも知れないが、実際のところ有効射程距離は
せいぜい100メートル以内だろう
百年戦争では、フランスはイギリスのロングボウに圧倒されたが
射程距離はクロスボウの方が上だったが、連射性ではロングボウがクロスボウの数倍も優れていたからだ
少々の距離の差など、連射性を前にはどうにもならなかったわけだ

私の手元には150ポンドと250ポンドのクロスボウと60ポンドのボウがあるけど
まあ、実際のところ、60ポンドのボウで弓を楽しむ事の方が多いな
クロスボウを使うことは滅多にない
92:2015/03/22(日) 00:24:41.89 ID:
さすがに射程が700~800mってのは嘘でしょう
中国人の館長ってだけで悪いけど信用できないwww

そんな兵器があったら、城の形が変わってるはず
93:2015/03/22(日) 00:25:43.75 ID:
ロングボウなんて専業兵士の武器だし、育成にも維持にも金がかかりすぎる
安価で誰でも使える武器が一番よ
113:2015/03/22(日) 00:40:40.42 ID:
楚の項羽が漢の韓信にやられたのも戦車に弩弓を乗せた部隊に攻撃されたからだったんじゃないか?
118:2015/03/22(日) 00:46:01.82 ID:
>>113
歴史書によれば、劉邦は項羽と百たび戦って99回敗れたと言われている。
つまり連戦連敗だったわけだ。
最後の一回で勝利を得たのは、結局のところ、楚は勝利を続けたばかりに
楚軍は漢軍の勢力圏内の奥深くまで入り、補給がままならなくなったからだ。
一方、漢軍は、緒戦で穀倉地帯を抑え。その地域は、楚軍に奪われることはなかった。
その結果、勝利を続けながら疲弊してしまい、最後の最後で大敗を喫して敗れたわけだよ
124:2015/03/22(日) 00:51:03.22 ID:
>>118
四面楚歌って、「敵に囲まれた孤立無援の状態」だと辞書に載ってるけど、
実際のところは「味方に見限られた絶望感」だよね。
127:2015/03/22(日) 00:54:10.36 ID:
>>124
正確には
「見限って敵に寝返った元味方にも囲まれた孤立無援の絶望的状態」
115:2015/03/22(日) 00:44:24.74 ID:
チンギス・ハーンの墓はまだみつかっていないらしい
122:2015/03/22(日) 00:50:09.37 ID:
>>115
遊牧民族たちは墓を作る風習はない
それだけにハーンの埋葬地点の特定は非常に難しいよ

中国の歴代王朝の大部分は、外部から侵入した民族によって作られたと言っても
ほとんどの民族は、支配を続けている内に文化水準と数で圧倒された漢民族と同化しているが
蒙古だけは、最後まで独自の文化を守り。
漢民族と同化することなく最下層の民族に押しやって支配を続けた。
この点がかなり特異なのよね
だから、この時代だけが中国が異民族に支配された時代だって言うヒトもいるよ
125:2015/03/22(日) 00:52:31.03 ID:
>>122
なるほどな
一応異民族でない統一王朝って漢と明くらいか
ヌルハチの墓はわかっているの?
129:2015/03/22(日) 00:56:57.94 ID:
>>125
わかってるっていうか普通に福陵に陵墓があるっしょ
385:2015/03/22(日) 14:28:03.63 ID:
>>122
支那に歴代王朝は無い。
支那を植民地支配した、異民族の興亡史がある。
漢民族(?)が異民族を同化したのでは無く、異民族によって漢民族が同化させられて、
区別が付かなくなった頃、別の異民族が勢力を伸ばして、新たな風俗に染め上げる。
清末期、満洲族も支那人も、弁髪だったように。

支那は場所みたいな物で、そこに住む連中が、歴史の主役になったことは、どうやら無いな。
190:2015/03/22(日) 02:05:22.47 ID:
日本では昔から「弩」を「いしゆみ」と読んでたんだから、それが正しいんだろ
「いしゆみ」が間違いで「おおゆみ」が正しいんだって主張は
「江戸しぐさ」を普及させようとしてる奴らに近いモノを感じる。これが歴史修正ってやつ?
歴史捏造する韓国人じゃないんだから昔から使われてる言葉を正しく使えよ
ちなみに手元にある古典辞書には「いしゆみ」はあっても「おおゆみ」は無いし
漢和辞典の「弩」は「おおゆみ」より「いしゆみ」の読み方が先に来てる
日葡辞書でどう書かれてるのか調べてえ
いつごろから「いしゆみ」は間違いで「おおゆみ」が正しいって考えが広まったんだろ
192:2015/03/22(日) 02:07:21.89 ID:
>>190
日本ではいつの時代からいしゆみが使われるようになりましたか?
発掘されてますか?
202:2015/03/22(日) 02:19:28.44 ID:
>>192
なんでわざわざ威力もない玩具使わなきゃならんの?
和弓の威力に比べたらまだ石投げたほうが効率的
206:2015/03/22(日) 02:21:59.05 ID:
>>192
それは兵器として?それとも言葉として?
まあどっちについてもいつごろから使われたのか知らないけど
ちなみに俺が高校のとき漢文で習ったものとしては「いしゆみ」だったよ
発掘っていうか、そういう読みは最低でも江戸時代くらいにはあったんじゃないのかな
どういう書物で弩=いしゆみって読むようになってるかは俺も気になる
193:2015/03/22(日) 02:07:41.97 ID:
ちょうど、そのころ朝鮮では世界史的な事件がおこっていた。
韓国の国宝から



196:2015/03/22(日) 02:08:45.87 ID:
>>193
国宝?
嘘だといってくれw
197:2015/03/22(日) 02:10:00.45 ID:
>>196
日本人だって聖徳太子を信じてる。
馬小屋でうまれたキリスト。
199:2015/03/22(日) 02:14:57.79 ID:
>>197
>聖徳太子
>馬小屋でうまれたキリスト

そう信じてるのは、お前くらいじゃないのか?w
友達に話してご覧、多分笑われると思うけど。

聖徳太子は、夫人ともども毒殺された説が濃厚だよ。
韓国のようにゴルニダの丘もないからw
216:2015/03/22(日) 02:36:01.40 ID:
調べてみたら日本だと弥生時代の弩の柄が見つかってるんだな
で、武士の時代になると

・騎射に向かない
・武士の小競り合いが中心で戦闘規模が小さくなった
・管理の難しくコストのかかる弩は安価で管理しやすい弓にとってかわられた

とかそんなだそうで
226:2015/03/22(日) 02:45:46.09 ID:
>>216
でも同じポジションで銃は大隆盛するんやで不思議なことに
恐らくコンパクトで威力のある弩は、日本の素材で作るのは難しかったんじゃね
和弓も長さを確保して威力に繋げてるし
229:2015/03/22(日) 02:50:09.41 ID:
>>226
いや
最も適した素材は竹だから余裕で手に入る
単純により良いものに取って代わられたからだろ
233:2015/03/22(日) 02:58:32.40 ID:
>>229
竹ではボウガンの最大の利点である
甲冑を貫通するほどの威力は出ないでしょ
237:2015/03/22(日) 03:10:02.82 ID:
>>233
蒸し焼きにして竹の炭を作り、横ではなく縦に三つ並べて真を作る。
和弓は一種のカーボン弓だよ。
265:2015/03/22(日) 04:00:49.24 ID:
諸葛亮が開発した連弩とかマジであったの?
2000年前じゃ技術的に無理くさいんだが
267:2015/03/22(日) 04:03:31.67 ID:
>>265
連弩自体はあった。射程が極めて残念だったらしいけど
どうも連続装填の機能と弓の強さの両立が難しかったらしい
280:2015/03/22(日) 04:46:15.00 ID:
>>265,>>267

個人で使用できる連弩を開発させて、これを装備した実戦部隊を初めて編成したのが、蜀(221~264)の諸葛亮。
彼の配下の技術者が開発した連弩は「元戎(げんじゅう)」と名付けられ、長さ約18.4cmの10本の鉄製の箭(や)
を同時に(もしくは連続して)発射することができたとされる。矢の長さからみて多人数で操作する大型の床子弩
ではなく個人で操作できるものであった。残念なことに形やサイズなど、詳細は不明。諸葛亮がこの兵器を開発
させたのは、優勢な魏の騎兵に対抗するためだった。そのためのハードウェアが連弩などの弩であり、ソフト
ウェアが八陣(はちじん)と呼ばれる軍隊の運用方法でした。その結果、蜀はおよそ3000の元戎連弩を装備した
部隊と5000のより長射程で大きな威力を持った通常の形の弩を装備した部隊を持っていた。
346:2015/03/22(日) 12:26:53.00 ID:
日本ってどうして弩が普及しなかったんだろな
後年いくら戦国期だっても鉄砲は凄まじい勢いで普及したし、元寇なんかの防衛戦だってあったのに
350:2015/03/22(日) 12:39:25.10 ID:
>>346
戦闘が少ない、平和な国だったから
平安時代は、罪があっても死刑は存在しないという、
現代以上に「命は地球より重い」世界

弩なんて無用の長物
378:2015/03/22(日) 13:45:26.48 ID:
>>346
長弓に適した素材の竹が育ちやすかったからじゃね
356:2015/03/22(日) 13:01:03.29 ID:
時代劇でよく「飛び道具とは卑怯なり!」みたいなセリフが出てくるけど、
やっぱ弓は武器の格としては一段低く見られてたのかしらん?
銛なんかと同じ狩猟道具の扱い。
361:2015/03/22(日) 13:13:21.41 ID:
>>356
平安末期の頃は弓が主力兵器。
保元平治の時代。
戦国時代でも無双の精兵(弓の名手)
なんて褒め言葉があった位だから
中心兵器だったんでしょ。
死傷者の数では刀槍によるものより
矢傷の方が多かったとか。
412:2015/03/22(日) 20:12:10.56 ID:
世界最強の弓はたぶん宋の神臂弓
500メートル離れた鉄甲を2枚も貫通する威力があった
こういうのを徹底的に極めれば中国が最強の軍事大国だったろうが
いかんせん賎業扱いで見下されたから進歩のしようがなかった
413:2015/03/22(日) 20:18:28.67 ID:
>>412
和弓でもその飛距離とんだ記録あるぞ
七百m先の的に当てたとかなんとか
420:2015/03/22(日) 20:49:53.46 ID:
>>412
実際産業革命以前は最強レベルだろ。
外征はするメリット皆無だからやらないだけ。
何度も腐敗崩壊しては新王朝になってるだけでw
433:2015/03/22(日) 21:25:06.16 ID:
>>420
何度かオランダとかをたたき返してるし、
産業革命以後もしばらくは強かった。



    にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ


 今週の人気記事一覧

 今日の注目記事一覧


  

 2000年以上昔の弩が出土 ほぼ原型をとどめ、保存状態は最高-兵馬俑坑【中国】
コメントの投稿





★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無し』と自動で表示されます。



★『>>番号』で記事本文、『番号』または『番号』でコメント欄、それぞれ元の文章がポップアップ表示されます。
★宣伝コピペ等は削除及びアクセス制限の対象となります。
★NGワードを含む場合には、仕様的に投稿できない可能性があります。



★パスワード欄に入力した文字列(半角英数字)は暗号化され“ID:~”として表示されます。
なお、パスワードを設定しなかった場合は“ID:-”になります。



管理者にだけ表示を許可する

殿堂書庫ランキング


新着ヘッドライン
メールフォーム


-名前-



-メール-



-件名-



-本文-




SEOブログパーツ フィードメーター


逆アクセスランキング
リンク
スポンサードリンク