犬も投票していた!米大統領選挙で次々と明るみになる不正選挙の手口

概要 | 犬も投票していた!米大統領選挙で次々と明るみになる不正選挙の手口

米大統領選挙で行われた不正の手口が続々と明るみに出ています。12日、ある研究者が不正選挙のあったことを示す10件以上の事例をまとめました。
一人が複数回投票を行った、死人が投票した、トランプ大統領に投じられた票がバイデン候補のものになったといったケースが含まれ、トランプ大統領は12日、不正な集計機によって自身に投じられた270万票がバイデン候補のものになった疑いがあると指摘しています。

サウスカロライナ大学エイキン校の謝田教授は12日にツイッターに、民主党支持者が今回の大統領選挙で行った16種類の不正の手口を列挙しました。

これには、一人が複数回投票した、死人が投票した、トランプ大統領に投じられた投票用紙が捨てられた、選挙民でない人が投票した、基準を満たさないマーカーで記入された投票用紙が無効にされたといったケースが挙げられています。

あるネットユーザーがこれに、1、集計終了前に選挙結果が発表された、2、選挙結果が発表されたあとに投票用紙が回収されたという2つの手口を追加しています。

また、今回の大統領選挙では24パターンの不正が行われ、これにはペットの犬が投票したといったでたらめも行われていたと指摘する人もいます。

中でもエラーが続出したドミニオン集計機が注目されています。この機械は全米約30の州で使用されました。

トランプ大統領は12日にツイッターに、この集計機は自身に投じられた270万票を削除して、ペンシルベニア州では自身に投じられた22万票余りをバイデン候補の票にしたと指摘しています。

ドミニオン集計機は、民主党上層部や中共と密接に絡んでいることが明るみに出ています。

ジョージア州グイネット郡では登録有権者58万人のうち、投票したのは40万人だったにもかかわらず、最終的な集計結果は81万人が投票を行ったことを示していました。実際の投票者数を40万人も上回っており、単純計算すると一人が2票投じたことになります。

ミシガン州ウェイン郡ではあるロットの投票用紙の60%の署名が同一のものでした。

また、ミシガン州ウェイン郡では11月4日早朝、別の州のナンバープレートが付いたトラックから投票用紙4万票が運び込まれたことが明らかになっています。

目撃者は宣誓証書の中で、すべての投票用紙は口頭でカウントされ、しかもそのすべてがバイデン候補に投じられたものだったと証言しています。

また多くの投票者の生年月日が1900年1月1日になっていました。

さらに、米国の研究・教育機関ジャスト・ファクト(Just Facts)は先週、20万人を超える非市民が主なスイングステートで投票を行ったことが推定されるという研究結果を発表しました。

YouTubeの反応 | 米大統領選挙で次々と明るみになる不正選挙の手口

2020-11-16 22:58:33
何でもありだな
もし民主党が復活したら中華人民アメリカ合衆国になるところだった
2020-11-16 23:35:34
中華人民共和国米自治区
中華人民共和国日本自治区
になったら
早く棺桶に入ったもん勝ち😞
2020-11-17 00:39:43
あとはこれらを裏付ける証拠が必要ですね。法治国家ならしっかり証拠を積み重ねて真実を導きましょう。
2020-11-16 22:57:45
不正に関わった犯人を早く逮捕して欲しい😔☝️
2020-11-17 00:13:56
処刑でおけ
2020-11-16 22:54:40
幾ら自由の国と言えども、複数回の投票や、天国(黄泉の国)からの投票、犬の投票などは許してはダメでしょう。もしかすると、3日の午前に投票後死亡して、午後に転生し投票したとかもあるの?
2020-11-17 01:56:18
これが聖書の死者の復活の預言やったら、開いた口が塞がらん。
2020-11-17 03:33:02
亡くなった猫に投票用紙が送られてきたという報告もありましたね
2020-11-18 21:47:01
@御手洗潔 自分もそれ、聞きました! あと人間ですけど一人なのに二人分送られてきたという話も。
2020-11-16 23:07:37
さすが自由の国だな。犬も投票出来るんだな。何でもありだな
2020-11-17 02:04:42
死者の投票、これが聖書にある死者の復活の預言やったら、開いた口が塞がらん。
バイデンさんの神輿の取り巻き…ちょっと怖い…
2020-11-16 22:51:33
犬も投票って何だよw
2020-11-17 00:30:57
民主党の民主主義とは『死者の選挙権までも死守する』ことである。
共和党の民主主義とは『庶民の安寧な暮らしを支える』ことである。
2020-11-16 23:02:33
ただこれらの不正が法廷でどうジャッジを受けるかですよね。
2020-11-16 23:37:03
不正では無くて単なる間違えです、って言ってると思う。
2020-11-16 23:55:19
はえー、犬も投票するなんて、バイデンって人気あるんやなあ?(スットボケ
2020-11-16 22:56:34
さすが アメリカに住んでる犬だけあって 賢いねー! 投票できるんだもん
2020-11-17 15:11:48
日本でも間違いなく不正選挙は存在する。最近なら東京都知事選が一番怪しい。百合子にあんなに票が集まるものかね??
2020-11-18 05:56:59
実績が無く、パフォーマンスだけが得意な小池氏が当選するのは不自然。学歴詐称の疑いも晴れていないし、おそらく最近流行りの期日前投票で、警備が手薄になる夜中にゴッソリと票のすり替えが行われたものと思います。ムサシ(株)の機械を導入か?
2020-11-18 06:27:13
投票締め切り、直後に結果がでるなんて、さすがにおかしいと思う(´Д`)
2020-11-16 23:52:12
アメリカでは民主党政権になるとペットにも選挙権があるらしいぜ・・・(小声)。
2020-11-16 23:17:27
こんな操作された選挙結果には、本当の米国民なら怒るだろう。
本当の有権米国民ならばネ。
2020-11-16 23:18:30
クリントンは何人もの政敵をあの世に送ったと言われる。これからは共和党は暗殺者によくよく気を付け、シークレットサービスを厳重にしてもらいたい。
2020-11-18 05:58:53
恨んでいる人達は、大勢いると思う。絶対に忘れないと思うよ。

「不正選挙」とは?

不正選挙が常態化している国では、有力野党候補が投獄もしくは暗殺される危険性が高い。また、不正選挙が明白である場合、有権者が選挙結果に不満を持ち、事実上の独裁者を実力で打倒する場合もある。秘密投票が保障されていない不正選挙では不正が発覚することもあるが、秘密投票の場合には性質上不正・・・

動画情報 | 米大統領選挙で次々と明るみになる不正選挙の手口について

犬も投票していた!米大統領選挙で次々と明るみになる不正選挙の手口の画像
米大統領選挙で行われた不正の手口が続々と明るみに出ています。12日、ある研究者が不正選挙のあったことを示す10件以上の事例をまとめました。一人が複数回投票を行った、死人が投票した、トランプ大統・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | NTDTVJPについて

コメント欄