【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】

概要 | 【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】

【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】の画像
1: 2019/06/24(月) 00:09:08.23 ID:Vwy9jLxQ9
就職氷河期世代の支援策

 政府が6月11日、安倍晋三首相を議長とする経済財政諮問会議で「骨太の方針」の原案を示した。目玉政策として就職氷河期世代に多い非正規雇用を正規雇用化する支援策が盛り込まれ、注目を浴びている。

「明日の食費がない…」シングルマザーの貧困

 時を同じくして金融審議会から6月3日に出された「高齢社会における資産形成・管理」で老後に必要な年金以外の資金が夫婦で2000万円という試算が公表され波紋を広げている。

 働き盛りの年齢であるにもかかわらず非正規雇用が続いている「中年フリーター」の当事者からは「目の前の生活もままならない。貯金なんて全くないのにどうやって生きていけというのか」という切実な声が聞こえる。

 就職氷河期世代の中心層となる35~44歳は2018年時点で正規雇用が916万人いる一方で、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員などの非正規雇用が371万人に上り、同世代の人口の約2割を占める。

 ほか、自営業主・家族従事者が94万人、その他(勤め先での呼称が未回答、就業状態不詳)が9万人いると、国があらためて就職氷河期世代について定義し、改めて支援に乗り出そうとしている。

息子と娘の悲惨な雇用と職場

 この世代の雇用問題について筆者は2004年5月、当時のメジャー誌では初めて、週刊エコノミスト誌で特集を組み、「お父さんお母さんは知っているか 息子と娘の“悲惨な雇用”」というタイトルで問題提起した。

 15~34歳の非正規雇用が417万人にのぼり、「若年フリーター」が注目されていった。その後に特集は「娘、息子の悲惨な職場」というタイトルでシリーズ化。同誌で2008年までの間に関連特集を15回以上にわたって企画・誌面化してきた。

 その後、「ワーキングプア」「ロストジェネレーション」などの言葉も広まったことから就職氷河期世代の非正規雇用の増加について社会問題化したが、抜本的な解決には至らないまま同世代は中年になってしまった。

なかなか崩れない「年齢の壁」

貯金ゼロ、明日の生活も苦しい…「中年フリーター」の救済策はあるか
〔PHOTO〕iStock
 経済財政諮問会議では、非正規雇用371万人のうち正規雇用を希望していながら不本意に非正規雇用で働く者を少なくとも50万人と公表された。

 就業を希望しながら求職をしていない長期無業者や社会とのつながりを作って丁寧な支援を必要とする者など合計100万人程度を支援対象としている。

 今後3年間、集中的に支援に取り組み、30万人を正規雇用化する方針だ。これは、過去5年間に同世代が1年当たりに正社員化した倍のペースとなるという。

 支援に本腰を入れるかのように見えるが、対象年齢が35~44歳とされていることに国の本気度がどれだけ高いのか疑問が生じる。

 中年層の就職状況について、ある公的機関の就職支援相談員は、「人手不足のため、特に中小零細企業は非正規雇用歴が長くても30代後半までであれば採用に前向きです。相談に来てもらえれば、何かしら仕事は紹介できる状態です。けれど、40代に入ると年齢の壁はなかなか崩れないのが現状です」と話す。

 別の公的機関の相談員も、「44歳までであれば正社員の就職は可能だけれど、45歳以上は正直難しい」と実情を語る。

 こうしたことから、30万人の正規雇用化というのは30代後半の層で吸収される可能性がある。外国人労働の受け入れを拡大したいくらいの人手不足のなか、支援しなくても自力で正社員採用に至る層が一定いるはず。

 企業の側も、「非正規では人がきてくれないから正社員で募集をかけるが、実際に
待遇をよくする余裕がない」(中小企業社長)と本音を漏らす。

 月給は非正規雇用並でボーナスがあっても1~2ヵ月分。退職金はないというケースもあるため、たんに「非正規」を「正社員」の看板にかけかえただけという実態もある。正社員という雇用の質にも注意する必要がある。

 真に氷河期世代を支援するのであれば、バブル崩壊後の経済不況の余波を受けた40代後半の非正規雇用問題も決して無視はできない。これこそ、早急に支援しなければ近い将来の生活保護に直結していく。

 現在、氷河期世代を放置することで将来的な生活保護費が10兆円にのぼるという試算も出ているほど深刻な問題だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00065369-gendaibiz-bus_all


ネット住民の反応 | 【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】

56: 2019/06/24(月) 00:24:31.07 ID:cqhcrHd/0
>>1
結論から言うと、「ない」
茶化してるんじゃなくて、本当に救済策はない

20年、せめて10年遅かった
これから出来ることは氷河期を反面教師にして、二度とこんな間違いをおかさないようにすることぐらい

87: 2019/06/24(月) 00:30:33.97 ID:LFQBrAJi0
>>56
昔なら55歳で定年だからなあ
50近い人を助ける具体策は現金支給しかないでしょ
国の担当者も頭を抱えてるはず

2: 2019/06/24(月) 00:09:55.79 ID:Sv3LFmwy0
氷河期世代の男性雇用がここ10年間でどう変化したのかと言うと、
2008年に氷河期世代は25歳から34歳ですが、男性正規雇用者数は624万人で非正規雇用数は95万人いました。
2018年の時点では正規雇用が649万人で非正規雇用が66万人ですから、
ずいぶんと非正規雇用が減って正規雇用が増えたことになります。

無職ひきこもりニートには関係ない話ですが
現代日本の氷河期世代男性雇用は正規雇用ばかりとなります

【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】の画像
出典:https://i.imgur.com/hTpbiL7.jpg

【中年フリーター】生活保護費が10兆円にのぼる試算【就職氷河期】の画像
出典:https://i.imgur.com/N8IEvdR.jpg

4: 2019/06/24(月) 00:10:09.46 ID:4Y4BXdRh0
4年ほど生活保護だったけど26歳で生活保護打ち切られたけど質問ある?

9: 2019/06/24(月) 00:10:52.14 ID:4Rpw7t0q0
>>4
なんで打ち切られたの?

17: 2019/06/24(月) 00:12:51.22 ID:4Y4BXdRh0
>>9
障害者年金と障害者作業所のお給料の合計が
19万円になってそれで打ち切り
俺の場合最低生活費が16万円でそれを超えたら
保護費でねーんだわ

10: 2019/06/24(月) 00:11:25.83 ID:Sv3LFmwy0
>>4
働けれるようになったのは良いことじゃん。
良かったね。

22: 2019/06/24(月) 00:13:12.83 ID:4Y4BXdRh0
>>10
まあな

13: 2019/06/24(月) 00:12:11.20 ID:G8GCA2Hg0
非正規労働の何がヤバイって精神がぶっ壊れるところだからな
ナマポ一直線よ

108: 2019/06/24(月) 00:33:30.61 ID:dSxjaJ060
>>13
非正規使わせてもらってるけど、あんな楽勝仕事でどうやって精神壊せるんだよ
最初から人間性に問題あったとしか思えん

25: 2019/06/24(月) 00:14:46.79 ID:5P7laPfG0
もっと上の世代がさっさと死ねば済む問題だろ
氷河期世代よりも今あふれかえってる高齢者のほうがよっぽど大問題

35: 2019/06/24(月) 00:19:03.35 ID:izkl5ybu0
>>25
確かに、3600万人もの老人が一斉に生存してしまったのが今の日本の社会そのものである。
年寄りの数が多すぎるし、
老人が日本を駄目にしているし、
もはやこの国の年寄りで、尊敬すべき人はごく少数で、
60代以上の大半は処理した方がいいな
日本人は50歳以上の中高年だけでも5500万人を超えているし、
もう若者だけに生存権を与えて、若者だけが生活を行った方が現状よりもましな社会運営が出来る。
解決策はひたすら老人への安楽死を推奨する事である。

63: 2019/06/24(月) 00:26:41.19 ID:YmvXSZha0
生活保護Liteを作って医療費は3割負担のままとかで救済
真面目に考えんと自暴自棄になって特攻するやつ出てきそう。

77: 2019/06/24(月) 00:29:06.79 ID:o5tAeb/40
介護の仕事してるけどけっこういいよ
なんやかんやで冷暖房聞いた室内の仕事だし
夜勤でちょっと居眠りしてもトラックの運転みたいにそれが事故につながるわけでもないし
実務3年やって介護福祉士とれば仕事には一生こまらなくて安泰だし

まあ給料は安いけどね俺も実家暮らしじゃなかったら老後の貯金まではできない

90: 2019/06/24(月) 00:30:59.39 ID:GGaj4+z00
氷河期が生活保護や年金もらう頃には、もう国内の若者は海外に国籍移してるよ…

94: 2019/06/24(月) 00:31:31.53 ID:dRBz0Q5S0
70まで働き続けられる業界か職種じゃないといずれ詰む

95: 2019/06/24(月) 00:31:37.05 ID:o66dZ9SM0
年金が足りなければ生活保護をもらえばいいじゃないの!おーほっほっほ!

97: 2019/06/24(月) 00:32:03.98 ID:OeDp32cS0
生活保護費10兆円で救済されるんだから大丈夫
健康で文化的な最低限度の生活を営む権利はあるんだからね

困るのは本人じゃなくて国と納税者
引きこもり諸君、君たちは勝ち組だよ

145: 2019/06/24(月) 00:40:02.04 ID:o5tAeb/40
でも金がない生活保護で生きていけますなんていまのままやってたら
国が破綻するわけだしなにかしら生活保護には制限がかかるんじゃないの

2
コメント欄

2 Comment authors
【国LV-1】名無し

働く人口増やすために移民政策まがいなことをやっているけど、自国民をまずはどうにかしなきゃ。
昔もある程度穀潰しはいたけど、今は穀潰しへの負担も減らしたいくらいに国は病んでいる。

【国LV-2】名無し

まず最初に、今の税金は江戸時代のような年貢制度のように集めて配るのではなく、借金で資産を作り、必要な部分へ政府が支出した後、経済状態によって納税額が変動する景気の調整弁として存在しているという地動説的事実を国民がシェアする必要があるだろうね。
今やるべきことは老人の食料を安く調達できるような技術開発に国が全力で投資し、優秀な人材を誘導することと、空き家などを政府が買い取って活用し、より安く住まいを提供できるような体制を整えること。
あと、低所得者層が生活する上でかなりの負担となっている消費税も廃止すること。
生産技術が向上すればインフレ抑制効果が働くので、さらに大胆な追加投資ができるようになる。