【西岡力】韓国の反日民族主義革命と反日日本人について【中山恭子】

概要 | 【西岡力】韓国の反日民族主義革命と反日日本人について【中山恭子】

今日ご紹介する動画「【西岡力】韓国の反日民族主義革命と反日日本人について【中山恭子】」についてYoutubeのコメントをまとめてみました!「こういう日本を貶めようとする日本人を訴えることはできないのか。」「日本の知識人には何故か反日が多い。大学教授・教師・作家・弁護士・政治家・ジャーナリスト等々。」それでは実際に動画をみてみましょうか!

YouTubeの反応 | 【夢を紡いで #54】西岡力氏に聞く、韓国の反日民族主義革命と反日日本人[桜H31/2/15]

2019-02-15 22:52:06
「反日日本人」というのは、正確に言えば、「日本国籍」を保有しているが、日本の「国やぶり」を目標としている社会主義者・共産主義者およびそのシンパである。これは「反日」であるが「日本人」と呼ぶべきではない。つまり「日本人というのはどういう人間か」という問いかけと定義を私たちは改めて考えなおさなければならないだろう。今の日本には、アメリカ合衆国のようにメキシコとの国境に「WALL」を物理的につくる必要はないが、「日本の國體のWALL」を精神的に明確に形成する努力が必要である。この「日本の國體のWALL」を「魂」で保守している人間を「日本人」と規定する必要がある。「日本国籍を保有している日本の国やぶり人間」については、その行動生態(ethos)を慎重に検討しつつ、「日本国籍を剥奪すべきか否か」を判断する社会的しくみをつくるべきである。これが、今後の日本の国づくりの一部だろう。
2019-02-16 01:14:15
韓国人には、痛みを伴う制裁をしないと、何もしていないのと同様。交渉など、無駄。
韓国人に、日本人の常識、正義、モラルは、基本的に無い。求める方が馬鹿です。
2019-02-15 22:36:35
歴史も顔も何でもかんでも捏造するニダ!
2019-02-16 09:10:57
小利口で悪知恵だけは働くが、出来損ない日本人を拡大再生産する現代の日本の教育制度下で、高校教育の無償化などしても、底の抜けたバケツに水を入れるようなもの。結果、反日似非インテリもどきが政財官、教育、宗教界、メディア、その他至る所の指導層に蔓延っている。我が国の中央官庁や大手企業・マスメディアが出す文書や発言を見聞するにつけ。エリートと呼ばれる者の日本語能力は勿論、知的レベルが支那・朝鮮並みに堕ちていと、日々痛感する。かくしてかくなることとなる。
2019-02-16 00:35:19
検閲をやった戦後利得者の弟子が何の事はない 自分らを正当化する為 嘘と知りつつ日本を貶め 今も貶め続けている。
そろそろ 悪の連鎖を断ち切る事出来ないか?
2019-02-16 10:18:37
昨晩、突然共同通信の拉致被害者田中実氏に関するニュースがスマホに通知で来ましたが何故このタイミングなのでしょう。
2019-02-16 17:46:33
こういう日本を貶めようとする日本人を訴えることはできないのか。
2019-02-16 16:39:03
西岡さん、凄く詳しいね!
ここまで知識を持ってる人少ないだろうね。
2019-02-17 11:29:36
日本の知識人には何故か反日が多い。大学教授・教師・作家・弁護士・政治家・ジャーナリスト等々。こうした日本人たちが外国と結託して日本を貶めている。日韓関係の悪化にはこうした人々が大きく関わっている。困ったものである。西岡教授は半島問題に最も詳しい日本人。ジャーナリストや在日系の評論家にも詳しい人はいるが、どうしてもあちら側に立った見解になってしまい客観的ではない。
2019-02-17 11:31:29
レーダー照射の問題も嘘に嘘を重ね天皇陛下謝罪要求も言ってないとか言って嘘を付き
今も息を吐くように嘘を付く韓国人の言う事なんて信用できないのは当たり前。昔の事だって嘘付きまくり

「西岡力」とは?

西岡 (にしおか つとむ、1956年4月16日 - )は、現代朝鮮研究者。麗澤大学客員教授。公益財団法人モラロジー研究所歴史研究室長。北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)会長。東京都生まれ。 1979年 国際基督教大学卒業 1982年 駐ソウル日本大使館専門調査員( - 1984年)・・・

動画情報 | 【夢を紡いで #54】西岡力氏に聞く、韓国の反日民族主義革命と反日日本人[桜H31/2/15]について

【西岡力】韓国の反日民族主義革命と反日日本人について【中山恭子】の画像
あらゆる文化を柔軟に取り入れながら、伝統の核を失うことなく、独自の文化として熟成させてきた日本。 我が国のその受容性を軸に、「世界の文化が輝き、溢れ、交流する国」を目指す活動も展開している・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | SakuraSoTVについて

コメント欄