【悲報】藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に!について

概要 | 【悲報】藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に!について

自由の声4動画の意見や反応は!?「wwww最近地方が良い行動し」「欧米ではとっくに共産党は禁止ですw」「良いぞ!藤沢市日本全国」「・・時事通、東京、神奈川、北」「よくやった‼️当たり前の」「賢明です❗テロ新聞ですからね🎵」「次いでに朝日新聞も禁止にし」「赤旗なんぞ買うより募」「公務員の方々の弱い立場に付け込」「次は、朝日だ。」色々反応もありますが、その他の意見もみてみましょう!
【悲報】藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に!についての画像

YouTubeの反応 | 藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に

2018-03-03 22:10:44
次いでに朝日新聞も禁止にして頂きたいと思います。
2018-03-03 22:58:40
変態毎日新聞もお願いします
2018-03-04 05:13:50
左巻き共同通信社も拒否って下さい。
2018-03-04 05:24:53
・・時事通、東京、神奈川、北海道、中日、西日本、沖縄タイムス、琉球新報・・

まともな新聞社を探すほうが難しいくらい
2018-03-04 12:05:11
少なくとも全国紙は、読売、日経、産経で充分だと思います。
2018-03-03 22:08:32
賢明です❗
テロ新聞ですからね🎵
2018-03-03 21:48:16
よくやった‼️

当たり前のことだが🙄
2018-03-03 23:08:10
全国に広めよう 赤旗撲滅
2018-03-03 22:34:01
次は、朝日だ。
2018-03-03 22:12:44
赤旗新聞禁止は当たり前、藤沢市の対応は当然。
2018-03-04 10:49:15
全国展開してくれ!
2018-03-03 22:05:41
公務員の方々の弱い立場に付け込んだ悪徳商法。
断固とした対応を!
2018-03-04 18:00:17
ほぼ、共産党に乗っ取られてる役所も、結構あるんじゃないかなぁ

役所のファシリティを、あたかも共産党の施設のように使っているところも
あるし
2018-03-03 22:09:15
wwww
最近地方が良い行動してるよね
2018-03-03 21:56:22
日本の赤化を目論むプロパガンダ新聞なんて日本人には必要無い。
2018-03-03 22:00:18
藤沢市グッジョブ
2018-03-03 22:18:16
良いぞ!藤沢市
日本全国でそうなればええのに
2018-03-03 22:35:33
職員個人だけでなく、役所自体でも、複数の被害者ビジネス団体から、新聞、雑誌を買わされ、人権教育の名の下に、でたらめな内容の教材を買わされ、職員洗脳研修をさせられている。つまり、役所は半分、パヨクに乗っ取られている。もういい加減勇気を出してWGIPから脱却し、日本を取り戻すべし。藤沢市、GJ!
2018-03-04 00:39:41
欧米ではとっくに共産党は禁止ですw
2018-03-03 22:14:32
頭おか志位しんぶん赤旗は廃刊!
2018-03-03 22:20:14
スゲー

やりよった( ̄∇ ̄*)ゞ
2018-03-03 22:50:11
赤旗なんぞ買うより募金でもしたほうが
世のため人のためになって有意義です。
2018-03-03 22:36:27
全ての極左新聞が廃刊停止になってくれると良いのだか。道民なので北海道新聞の悪意ある報道記事見るたびに嫌気が込み上げてくるわ。早く消え去れ!
2018-03-03 22:01:39
犯罪を未然に防ぐため、、、皆で渡れば怖くない、、、

「しんぶん赤旗」とは?

“業界誌対談に消費者庁長官 まるでマルチ広告塔 大門氏追及”. しんぶん赤旗(日本共産党) (2012年3月24日). 2013年2月13日閲覧。 “マルチ業界誌で対談 国民生活センター理事長も 大門議員指摘”. しんぶん赤旗(日本共産党) (2012年3月28日). 2013年2月16日閲覧。・・・

アカハタ - 日本共産党の日刊機関紙しんぶん赤旗の旧称。 アカハタ - 日本共産党(行動派)の年刊機関紙。 アカハタ (魚類) - ハタ (魚類)の一種。・・・

しんぶん赤旗評論特集版(しんぶんあかはたひょうろんとくしゅうばん)は、日本共産党中央委員会がかつて発行していた日本語の週刊機関紙である。 1977年3月28日『赤旗 評論特集版』創刊。1997年4月7日、1049号より『しんぶん赤旗 評論特集版』に改題。1998年3月30日、1098号をもって刊行終了、廃刊。・・・

動画情報 | 藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」にについて

【悲報】藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に!についての画像
藤沢市が「しんぶん赤旗を禁止」に・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | 自由の声4について

コメント欄