【誹謗中傷】自由党の小沢一郎が大炎上「安倍政権は国難」

概要 | 【誹謗中傷】自由党の小沢一郎が大炎上「安倍政権は国難」

Youtubeの動画をご紹介します!「小沢一郎議員、安倍総理」「もう発言力などないからス」「確かに、安部内閣総理大臣が」「汚澤が政権内にいる国難の時代があ」「アンタが言うなら、安倍さん一択」「まだ居たの老害小沢。」「大馬鹿一郎先生は黙っ」「国難通り越して皇室に害成す」「というより、人間の顔じゃない」「AAA級の売国奴です。」以上、自由の声4動画についてコメントがTwitterやYoutubeなどへ寄せられています!
【誹謗中傷】自由党の小沢一郎が大炎上「安倍政権は国難」の画像

YouTubeの反応 | 自由党・小沢一郎が大炎上… 「安倍政権は国難」と誹謗中傷で

2018-04-09 20:27:27
日本の顔じゃないよね、この人って。
2018-04-09 21:47:11
というより、人間の顔じゃない。
2018-04-09 20:33:25
大馬鹿一郎先生は黙ってなさい
安倍さんは選挙で選ばれて日本の
為に頑張ってくれてる事が国民に
伝わっているのです…元ゴ民主党の
先生方みたいに泥棒ではないのだ
2018-04-09 20:52:14
あんたが 国政に 口を挟む事自体が 国難です。
2018-04-09 20:27:38
アンタが言うなら、安倍さん一択です( ´∀`)
2018-04-09 20:56:39
AAA級の売国奴です。
2018-04-09 20:24:43
まだ居たの老害小沢。
2018-04-09 20:39:06
あなたこそ国難です
あなたにどれだけ国民が振り回されたことか
2018-04-09 20:24:18
小沢サン、たそがれたね…( ̄▽ ̄;)
2018-04-09 20:28:01
国難は小沢一郎の存在です。
2018-04-09 21:43:19
国難通り越して皇室に害成す国賊。
時代が時代なら朝敵に指定されてる。
2018-04-09 21:02:04
仕事しろ!ボケ
2018-04-09 22:19:18
山本太郎を棒で叩いてあの世に逝かせたいのに!一緒に逝ってちょうだい!
2018-04-09 21:59:31
民主党に捨てられた男・・。
2018-04-09 20:54:08
もう発言力などないからスルーして問題なし。老害の戯言などに付き合う必要などない。
2018-04-09 21:47:29
確かに、安部内閣総理大臣が、日本国のために命懸けで、頑張っていてくださっている限り、あなたの祖国にとっては国難でしょう。
2018-04-09 22:29:01
汚澤が政権内にいる国難の時代があったな。
2018-04-09 20:34:55
山本太郎、森ゆうこはまともな質疑したことあるのか?恫喝しか出来ない国難です。悪辣な党そのもの
2018-04-09 21:17:17
自由党の議員って❗ろくなやつがいねえなぁ~「 小沢一郎って❗大帝ズォーダーに似てるなあ❓」 最後は、殺されちゃうんだけど❗(笑)
2018-04-09 23:45:50
オイ小沢
お前こそ国難だクタバレボケ👎
2018-04-09 21:42:26
小沢一郎議員、安倍総理は国難ではありません!
2018-04-09 21:27:15
この人は反日売国奴で国難です!
2018-04-09 21:29:50
自分たちが国難って気づかないんでしょうか?!

「小沢一郎」とは?

小沢一郎について多く取り上げている。2013年、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』で第12回新潮ドキュメント賞候補。 講談社 闇将軍―野中広務と小沢一郎の正体(2003年) 無情の宰相 小泉純一郎(2004年) 逆臣 青木幹雄(2008年) 小沢一郎 虚飾の支配者(2009年)・・・

『日本改造計画』(にっぽんかいぞうけいかく)は、日本の政治家、小沢一郎の著書。1993年(平成5年)刊行。2006年(平成18年)に復刻された。 小沢が自民党の幹部時代、講談社から1993年(平成5年)5月20日に発表され、実際に書店に並んだのは6月下旬だった。内容は小沢の政策やビジョンをつづっ・・・

責任を取り辞任した前原誠司・前代表の後任を決めるため、2006年4月7日に両院議員総会において行なわれた民主党代表を選任する選挙である。この結果、小沢一郎が新代表として選出された。 4月3日 - 2006年4月民主党代表選挙実施の公告 4月7日 - 立候補受付・両院議員総会(投開票) (欠席:1)・・・

動画情報 | 自由党・小沢一郎が大炎上… 「安倍政権は国難」と誹謗中傷でについて

【誹謗中傷】自由党の小沢一郎が大炎上「安倍政権は国難」の画像
自由党・小沢一郎が大炎上… 「安倍政権は国難」と誹謗中傷で・・・続きはYoutubeでみる

投稿者情報 | 自由の声4について

コメント欄