【大阪】韓国人が「竹島の日」で大暴れ!の件について

    概要 | 【大阪】韓国人が「竹島の日」で大暴れ!の件について

    気になる自由の声4の動画に対する反応や意見は!?「大好きな祖国にお帰り」「強制送還。国外退去。未来永劫」「竹島は日本の物です」「日本から出て行け」「大阪は何かしら暴動が多いな」「段々竹島が韓国領土でないこ」「答えは簡単です「日本より母」「竹島を返せ!在は犯罪加害を止め」「日本が嫌いなら祖国に帰れ。」「犯罪朝鮮人を何故入国させるのか理」など、様々な意見や感想、反応がありますね!さて実際のところはどうなのでしょうか!?
    【大阪】韓国人が「竹島の日」で大暴れ!の件についての画像

    YouTubeの反応 | 韓国人が竹島の日で大暴れ…

    2018-02-22 22:38:35
    段々竹島が韓国領土でないことが世界的にばれてきて韓国という国じたいが慌てている感じですね。
    2018-02-22 22:06:16
    犯罪朝鮮人を何故入国させるのか理解出来ない、大阪府警も何やってんだ。
    2018-02-22 22:03:00
    こういう活動家は全員強制送還させるしかないな。好き勝手やらせ過ぎだ。
    2018-02-22 22:18:32
    大好きな祖国にお帰りなさい。そして二度と日本に来ないでくださいね(^^)
    2018-02-22 22:25:31
    大阪は何かしら暴動が多いな。
    2018-02-22 22:09:34
    竹島を返せ!在は犯罪加害を止めて今直ぐ帰国しろ!
    2018-02-22 22:30:07
    日本が嫌いなら祖国に帰れ。何で日本にいるの?
    2018-02-23 01:33:01
    答えは簡単です「日本より母国が生活しずらいから」それだけw
    根本的な理由は違うが在日も本当は嫌韓+反日=逝く処が存在しないw
    2018-02-22 22:45:14
    日本から出て行け
    2018-02-22 23:03:36
    どうせ入国審査で入国目的は観光とかウソをついたんだろうから、せめて、入国管理法違反で逮捕勾留、強制送還で二度と入国できなないようにしてくれ。ホントはビザ免除を廃止して欲しいんだけど。
    2018-02-22 23:23:32
    強制送還。国外退去。未来永劫入国拒否でいいよ。
    2018-02-22 22:51:10
    安倍政権は在日韓国人と朝鮮人の全員を日本から叩き出せ‼️もしも逆らったら射殺しろや❗日本を守るために。
    2018-02-22 22:18:00
    本当に我々は「お人好し」なんですよ…実際は。
    本土のこの日本の土地でチョンの、この様な活動を許している我々、例えばロシアで北方領土。支那で尖閣を奴等の土地で我々日本人が活動してごらん。普通殺されるよ…。我々日本人だからこそ!!このヒトモドキに好き放題させて居る事を奴等チョンは見越しての、この日本本土での奴等の活動。我々もハエたたきの用意が必要だな。
    2018-02-22 22:41:26
    竹島は日本の物です
    2018-02-22 22:30:22
    そもそも竹島は日本固有の領土だ!おまエラが勝手に占拠しとるだけやないかい!

    「竹島の日」とは?

    竹島の日」記念式典、竹島・北方領土返還要求運動県民大会(「たけしまのひ」きねんしきてん、たけしま・ほっぽうりょうどへんかんようきゅううんどうけんみんたいかい)とは島根県松江市で竹島の日と定められている毎年2月22日に実施されている式典。 竹島は日本固有の領土であると主張する事を目的とした会合であり来賓による講演などが行われている。・・・

    動している。会長はソウル市議会議員のチェ・ジェイク(崔在翼)。 2005年3月10日、島根県議会によって1905年島根県に編入された2月22日を「竹島の日」とする制定の条例案が可決されたことに対して、在韓日本大使館前などで日章旗を燃やすなど反日デモなどを起こしている。・・・

    が揮毫した「仙台路」との道路標示碑が設置された。しかし、その約1週間後にはその道路標示碑が反日感情を持つ韓国人によって破壊された。また、島根県が「竹島の日」を制定したことが影響し、「仙台路」は「ピッコウル路」に改称され、別の道を「仙台路」と命名した。 1986年11月1日、全羅南道光州市が光州直轄市に昇格。・・・

    動画情報 | 韓国人が竹島の日で大暴れ…について

    【大阪】韓国人が「竹島の日」で大暴れ!の件についての画像
    韓国人が竹島の日で大暴れ…・・・続きはYoutubeでみる

    投稿者情報 | 自由の声4について

    コメント欄